JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/04/07

Contents

IBMが新型コロナ研究支援のためのディープサーチサービスをリリース – Engadget 日本版

依然として世界各国で猛威を振るう新型コロナウイルスに対して、さまざまな企業が研究者の支援を行っています。IBMもスパコンを用いた解析・研究サポートなどの支援を行っていますが、今回新たに「新型コロナ研究支援のためのディープサーチサービス」をリリースしました。
https://japanese.engadget.com/jp-2020-04-07-ibm.html
2020/04/07 19:06

7万超のサイトの集計からテキスト数と検索順位の関係さぐる「Preakプリーク」もともと検索順位上の競合サイトの文字数をいっきに調べるツールとして公開したものが、 使うに使われて、データが蓄積。7万超のサイトに。 ...

MIT Tech Review: 機械学習を使った将来予測は正確か?社会学者が指摘する問題点


裁判や雇用といった人生の重要な局面で、機械学習の人工知能(AI)システムが利用されることが増えている。しかし、数百人のコンピューター科学者や統計学者が、4000家族の15年分の調査データに基づいて子どもと家族の将来を予測するという課題に取り組んだところ、誰一人として正確といえる結果を出せなかった。
https://www.technologyreview.jp/s/196995/ai-cant-predict-how-a-childs-life-will-turn-out-even-with-a-ton-of-data/
2020/04/07 17:03

損保協会、ビッグデータとAI活用で不正請求の検知精度を向上 – ZDNet Japan

日本損害保険協会(損保協会)は、ビッグデータと人工知能(AI)を活用した不正請求検知システムの構築に当たり、日本テラデータのデータ分析基盤を採用した。
https://japan.zdnet.com/article/35151996/
2020/04/07 16:06

機械学習ニュースヘッドライン 2020/06/04量子コンピューターの実用化に備えろ! アイシングループがデジタル変革を推進する量子コンピューティング研究においてQC Wareと協業|M...

MLOpsをラクにする。アイデミーが機械学習モデル運用プラットフォーム「modeloy」を発表 | Ledge.ai


株式会社アイデミーは4月7日、機械学習モデルを実運用する際の運用コストを下げる新製品「modeloy(モデロイ)」をプレローンチしたことを発表した。また、modeloyと実運用支援のコンサルティングを組み合わせパッケージ化した、「AI内製化支援ソリューション」の提供も開始。 modeloyとAI内製化支援ソリ
https://ledge.ai/aidemy-modeloy/
2020/04/07 14:57

AIの医療研究への活用が活発化。新型コロナウィルス関連のデータも公開 – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)


AIの活用が期待されている領域のひとつに医療分野がある。 医療向け診断AIを専門に開発する「エルピクセル」のような企業もある。 先日、社団法人未踏のNEDO委託事業であるAIフロンティアプログラムでAIパスファインダー( […]
https://wirelesswire.jp/2020/04/75067/
2020/04/07 12:25

インターネットサービスプロバイダ(ISP)を毎月、大量の実測値で比較して発表しているギガファイルスピードレポートをご紹介 毎月7日更新にてファイル転送サービス・ギガファイル便の実測値によるプロバイダーの回線速度を比較しランキングにしています。 数百万人の...

オウンドメディアの効果を可視化 GMO-AMが「TAXEL OWNED MEDIA」を提供開始:MarkeZine(マーケジン)


GMOアドマーケティング(GMO-AM)は、レコメンドウィジェット「TAXEL(タクセル) byGMO(以下、TAXEL)」において、新しい分析機能でオウンドメディアの効果を可視化することができるツー…
https://markezine.jp/article/detail/33147
2020/04/07 11:45

開発スピードを止めない機械学習インフラ基盤――freeeに学ぶAI開発で本質的価値を提供する方法 | Ledge.ai


中小企業での導入シェアNo.1を誇るクラウド会計サービスを提供するfreee。本連載では、AI技術を活用し、サービスにうまく落とし込むことで、経営者をはじめとした利用ユーザーの課題を解決した事例を紹介していく。第3回のテーマは、機械学習インフラ基盤。スピーディかつセキュアなAI開発・運用を続ける工夫とは。
https://ledge.ai/ai-freee-3/
2020/04/07 11:00

BIGLOBE、パソコンスマホ向け「トータル・ネットセキュリティ」を提供開始 – SecurityInsight | セキュリティインサイト

SecurityInsight(セキュリティインサイト)は情報セキュリティを中心としたエンタープライズITの情報サイトです。
https://securityinsight.jp/news/13-inbrief/4173-200407-2
2020/04/07 10:30

機械学習の2つの壁「分類モデルの選定」と「過学習」への対処法 (1/2) – MONOist(モノイスト)


さまざまなデータを用いた機械学習でスマートな製品開発を目指す上で課題になるのが、「分類モデルの選定」と「過学習」への対応だ。本稿では、分類モデルと過学習について概説するとともに、基礎的な対処法について説明する。 (1/2)
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2004/07/news017.html
2020/04/07 10:00

製造現場の検知・予兆を高度化、AWSが機械学習ソリューション開発企業を表彰(MONOist) – Yahoo!ニュース

機械学習ソリューション開発を手掛けるブレインズテクノロジーは2020年4月2日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)が同社のパートナー企業を表彰する「AWS パートナーネットワーク Competen
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00000012-it_monoist-ind
2020/04/07 08:05

GMO-AMがオウンドメディアの効果を可視化するツール「TAXEL OWNED MEDIA」の提供開始 | Web担当者Forum


【Web担】どう役立っているか把握、現在カバーできてていないコンテンツ制作といった活用も可能
https://webtan.impress.co.jp/n/2020/04/07/35717
2020/04/07 07:02

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ AIサービスの全体像を把握する|クラウド|IT製品の事例・解説記事

前回は、AWSの機械学習サービスの全体像と機械学習を活用する際の前提事項について説明しました。今回は、AIサービスのラインナップとそれぞれの概要(特長、ユースケース、東京リージョンでの利用可否など)を理解していただくことを目標に解説していきます。
https://news.mynavi.jp/itsearch/article/cloud/4913
2020/04/07 08:00

AIがAI構築をより容易に–自律的なデータ管理のこれから – ZDNet Japan


人工知能(AI)と機械学習(ML)はテクノロジーが目指す次なる未知の領域に向かう上で力を発揮しようとしている。つまりデータそのものだ。
https://japan.zdnet.com/article/35151565/
2020/04/07 06:30

不審メールの対応優先順位付けを自動化するクラウドサービス – 製品&サービス:IT:日経クロステック Active


 米KnowBe4の「PhishER」は、フィッシングメールなどの悪意のあるメールを判別し、個々のメールに対応の優先順位を付けるクラウドサービスである。システム管理者の初動対応を支援する。国内では東陽テクニカが販売している。
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00005/032400172/
2020/04/07 05:06

「ロボアドバイザー」「自然言語処理」がトレーダーと投資家の行動を変える:AI技術で株式市場予測 – TechTargetジャパン データ分析


株式市場予測用のソフトウェアロボット開発が進んでいる。AI技術を使用した株式市場予測が、金融機関のトレーダーや投資家に与える影響とはどのようなものだろうか。
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2004/07/news06.html
2020/04/07 05:00

既存企業の持つフィジカルの強みをデジタルの力でサポートする – 日経クロステックSpecial

日本NCR は今年、創立100 周年を迎えた。次の100 年を見据え、デジタルのパワーを最大限に生かして、流通・金融分野の顧客への提供価値を高めようとしている。流通分野では、新たなサービス体系によって、環境変化に応じて迅速にサービスを提供する仕組みを構築。金融分野でも、海外の知見を取り入れてソリューションを磨いている。両分野に共通するのは、顧客のフィジカルの強みをデジタルでサポートする考え方だ。
https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NXT/20/ncr0407/
2020/04/07 00:51

医用生体工学:健康モニタリング用の「スマートトイレ」 | Nature Biomedical Engineering | Nature Research

医用生体工学:健康モニタリング用の「スマートトイレ」
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/13274
2020/04/07 00:29