JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
セキュリティー

セキュリティニュースヘッドライン 2020/03/27

米セキュリティー保険大手のChubbがランサムウェア「Maze」の攻撃を受けデータを盗まれる | TechCrunch Japan

企業向けサイバーセキュリティー保険大手のChubb(チャブ)がデータ侵害を受け、自身がサイバー攻撃の被害者となった。
https://jp.techcrunch.com/2020/03/27/2020-03-26-chubb-insurance-breach-ransomware/
2020/03/27 15:03

PlayAI ぷれあい|人工知能による文章自動作成機能を提供しています。
人工知能での文章作成が楽しめるサービスplayai/ぷれあい登場 GPT-2 1558モデルを使用した日本語文章作成ツールが登場した。 だれでも無料で文章の作成を楽しめることを目的にし...

ソフトウェアの品質とセキュリティを担保するためのヒントとは【デブサミ2020】 (1/2):CodeZine(コードジン)


 個人情報や機密情報の漏えい、システム障害など、毎年システムやアプリケーションの不備・欠陥に起因するインシデントが発生している。インシデントは、サイバー攻撃を受けて発覚するものや、攻撃につながるシステムやアプリケーション自体の問題を調査するセキュリティリサーチャーなどから報告を受けて判明するものがある。いずれも共通点は、システムやアプリケーションを支えるソフトウェアに何らかの脆弱性が存在することだ。デジタル化が進み、大半のものがソフトウェアベースで動く昨今、こうしたインシデントを防ぐにはソフトウェアの脆弱性を開発段階できちんとつぶすことが重要となる。では、リリース前になぜすべてをつぶすことができないのか。日本シノプシスの松岡正人氏がセキュア開発のポイントを解説した。
https://codezine.jp/article/detail/12035
2020/03/27 12:00

UEBA:不正なユーザーや端末を「AIの眼」であぶり出す – 予測不能時代のセキュリティーキーワード:日経クロステック Active


 近年、日常の行動からは見つけ出すのが難しい、不正な振る舞いをあぶり出すセキュリティーソリューションである「UEBA(User and Entity Behavior Analytics)」の注目が高まっています。一般的にUEBAは、端末やサーバー、ネットワーク機器などから集めたログデータを一括管理して脅威を発見するSIEM(Security Information and Event Management)と組み合わせて使います。
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00111/031900002/
2020/03/27 05:12