JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/03/18

Contents

Apple、超薄型10.5インチのiPad Airを発表 メジャーアップグレードとなる新しい7.9インチiPad miniも|企業で働くクリエイター向けウェブマガジン「CreatorZine(クリエイタージン)」


Appleは、超薄型の10.5インチのデザインのiPad Airを発表した。またApple Pencil1への対応やハイエンドのパフォーマンスを含む最…
https://creatorzine.jp/article/detail/820
2020/03/18 22:35

機械学習ニュースヘッドライン 2020/05/05Googleも積極投資する「イスラエル発のAI」の大きな開発思想 | GetNavi web ゲットナビ 最先端技術大国としてスター...

瞑想(めいそう)のプロであるチベット僧の脳をスキャンした結果から驚くべき事実が判明 – GIGAZINE

過去の研究により「瞑想(めいそう)は実際に脳を変えている」ことが科学的に証明されていますが、新たに、長年にわたり瞑想を行ってきたチベット仏教の僧侶の脳をスキャンした結果から、「瞑想をする人の脳の成熟は早く老化は遅い」可能性があることが判明しました。
https://gigazine.net/news/20200318-meditation-monk-brain/
2020/03/18 21:00

ニチレイ/日立の「AI活用」生産計画と要員計画を自動立案 | 流通ニュース

ニチレイフーズはこのほど、日立製作所との協創を通じ、AIを活用して最適な生産計画および要員計画を自動立案するシステムを国内4拠点の食品工場に導入したと発表した。2020年1月から順次本格運用を開始している。
https://www.ryutsuu.biz/it/m031847.html
2020/03/18 17:08

機械学習ニュースヘッドライン 2020/02/14竹中工務店、AWSで建物データの活用とロボット制御を行う基盤を開発 - ZDNet Japan 竹中工務店は、AWSのRoboMak...

IoTのためのディープラーニングモデルサイズを減らす技術を研究員たちが開発

Arm LimitedとPrinceton Universityの研究員たちが、わずか2KBのRAMで、IoT(internet-of-things)ハードウェアシステムのためのディープラーニングコンピュータビジョンモデルを生成する技術を開発した。ベイズ最適化とネットワークプルーニングを使って、このチームは最新の精度を保ちながら、画像認識モデルのサイズを減らすことができる。
https://www.infoq.com/jp/news/2020/03/sparse-deep-learning-iot/
2020/03/18 17:01

NTTデータとNSSOLが米DataRobotに出資、AIデータ分析のSIサービスを強化 | IT Leaders

NTTデータと日鉄ソリューションズは2020年3月18日、マシンラーニング(機械学習)を用いた予測モデルの生成を自動化するツール「DataRobot」を開発する米DataRobotに出資したと発表した。2社とも、米DataRobotの株式を第三者割当増資により取得した。出資額は2社とも非公開。
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/19500
2020/03/18 16:16

機械学習ニュースヘッドライン 2019/11/15業界を混乱から救うため、リサイクルロボット企業が17億円を調達 | TechCrunch Japan 投資家たちがデンバーに拠点...

Androidアプリの公開用レビューもCOVID-19の影響で遅れがちに | TechCrunch Japan

Googleは今週Androidのデベロッパーに、Playストアのアプリの公開用レビュー期間が通常よりずっと長くなる可能性があると警告した。これもCOVID-19危機の影響だ。デベロッパーはアプリのレビューに1週間、あるいはそれ以上かかることを覚悟しなければならない。
https://jp.techcrunch.com/2020/03/18/2020-03-17-android-app-reviews-may-slow-to-over-a-week-due-to-covid-19-impacts-google-warns-developers/
2020/03/18 16:00

「Google翻訳」、音声をリアルタイムで翻訳しテキスト表示する機能が追加 – ZDNet Japan


グーグルは米国時間3月17日、発話された内容をほぼリアルタイムで翻訳して文字にする機能を「Google翻訳」に追加すると発表した。
https://japan.zdnet.com/article/35151010/
2020/03/18 13:22

コロナウイルスの論文データセットが公開へ! ホワイトハウスが技術開発を呼びかけ | Techable(テッカブル)

新型コロナウイルスの検出や予防、治療に関するソリューションを一刻も早く開発すべく、世界の研究機関が奮闘している。これまでの膨大な研究結果を有効活用できれば、今後行われる研究は加速するだろう。 こうしたなか、アレン人工知能…
https://techable.jp/archives/119454
2020/03/18 12:01

NSSOL、DataRobotと戦略的業務提携を締結 :紀伊民報AGARA

~日鉄ソリューションズからDataRobot,inc.に出資~[画像1]https://digitalpr.jp/simg/814/38044/700_197_202003180824135e715c…
https://www.agara.co.jp/article/52521
2020/03/18 11:00

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた薬品・食料品ネット購入の入手可能性という世界的課題をギリシャの企業が解決|高知新聞

同ソリューションは テクノロジー企業、コンバート・グループが世界中に導入 AsiaNet 8330…
https://www.kochinews.co.jp/article/353940/
2020/03/18 10:07

「データ分析」のハードルを劇的に下げるツールが登場! 幅広い業務に役立つ「Prediction One」とは – ITmedia ビジネスオンライン


手元に膨大な顧客情報や販売データがあっても、思うように分析できていないビジネスパーソンは多いのでは。ソニーネットワークコミュニケーションズ(東京都品川区)は、データさえ準備すれば数クリックで高度な予測分析を自動で実行してくれる「Prediction One」を提供している。どのような仕組みになっているのか、担当者に話を聞いた。
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2003/18/news003.html
2020/03/18 10:00

プログラミングなしでもできる機械学習(7) ログ可視化に加え機械学習も!Splunk Machine Learning Toolkit(応用編) | マイナビニュース


「Splunk Machine Learning Toolkit」は、ログデータの検索・分析・可視化ソフト「Splunk」の、機械学習における拡張機能だ。応用編となる今回は、ユーザー自身がデータを投入して機械学習モデルを作成し、それを用いて未知のデータから結果を推測する方法を紹介します。
https://news.mynavi.jp/article/noprgml-7/
2020/03/18 09:27

自律走行車から電気自動車へ、変わる米自動車産業の投資先|WIRED.jp


黎明期の熱狂も冷め、現実的な問題が見えている自律走行車。米国では自動車メーカーやヴェンチャーキャピタル(VC)の投資先が、実験的な
https://wired.jp/2020/03/18/investors-hit-brakes-automotive-startups/
2020/03/18 09:00

未来への鍵「AI」を、子どもたちにどう教えるのか? | fabcross

プログラミング教育元年となる2020年。4月に始まる授業に向けて、学校現場の準備は急ピッチで進む。授業の中には最先端テクノロジーに基づく未来を紹介する内容もある。未来社会を語る上で欠かせない重要なテクノロジーがAIだ。AIは、教育的見地からどう子どもたちに語られるのだろうか?
https://fabcross.jp/topics/stem/20200318_ai_education.html?fm=side_chkit
2020/03/18 07:30

RSAのCTOが買収後戦略,量子コンピュータと暗号セキュリティを語る (1/2):EnterpriseZine(エンタープライズジン)


 2020年2月、米Dell Technologiesは、同社傘下のセキュリティ企業であるRSAを、Symphony Technology Group(STG)に20億7500万ドル(約2150億円)で売却すると発表した。Dell傘下とはいえ、セキュリティ事業部としての独立性を堅持し、製品開発を進めてきたRSA。サイバー攻撃手口が巧妙化し、その脅威が深刻化する状況において、RSAは今後どのような方針を執るのか。2月24〜28日までの5日間、米国サンフランシスコで開催された「RSA Conference 2020」で、RSA Labの技術開発を統括する同社CTO(最高技術責任者)のズルフィカール・ラムザン(Zulfikar Ramzan)氏に、話を訊いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/12792
2020/03/18 06:00

口パクで音声入力、喉に小型センサーで 東大とソニーCSLが技術開発 – ITmedia NEWS


視聴覚障害者のための触診リップリーディングから発想を得た。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/18/news046.html
2020/03/18 05:00