JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/03/11

Contents

経産省、「第2期AIフロンティアプログラム」の育成対象者を公募 | IoT NEWS


「Connected Industries」や「Society5.0」の実現に大きく貢献するAIなど…
https://iotnews.jp/archives/150276
2020/03/11 21:57

機械学習ニュースヘッドライン 2020/01/16食品含有成分量測定が生産ライン上で可能に独製ハイパースペクトル画像処理ソフトを販売 | 食品と開発 キヤノンITソリューションズ(以...

統合プロセス・ディスカバリー・ソリューション「Discovery Bot」、グローバルで順次提供:EnterpriseZine(エンタープライズジン)

オートメーション・エニウェアは、従業員が業務アプリケーション上で行っている作業プロセス全体を分析して、RPAによるプロセス自動化の最適化とソフトウェア…
https://enterprisezine.jp/news/detail/12783
2020/03/11 17:30

MIT Tech Review: 機械学習で神経信号を増幅、「意のままに動く義手」実現へ成果


機械学習の手法を用いて神経信号を増幅することで、上肢切断者が自らの意思で義肢をコントロールできることを示す実証実験の結果が報告された。神経信号を記録する電極を埋め込まれた4人の被験者は、小さなおもちゃのブロックを拾い上げたり、じゃんけんをしたりできるようになった。
https://www.technologyreview.jp/s/190743/an-implant-uses-machine-learning-to-give-amputees-control-over-prosthetic-hands/
2020/03/11 17:50

機械学習ニュースヘッドライン 2020/01/21LINE、AI技術の外販を本格化 まずはチャットbot、AI-OCRを提供 「世の中に広めていく段階に入った」 - ITmedia NE...

Sophos Intercept Xの導入により、シグネチャに頼らずに未知の脅威にも対応し、社外からのアクセスに対する堅牢でコスト効率に優れたネットワークおよびエンドポイント保護を実現:ドリームニュース – Miyanichi e-press

2020年3月11日<<報道資料>>ソフォス株式会社ソフォス導入事例:Sophos Intercept Xの導入により、 シグネチャに頼らずに未知の脅威にも対応し、社外からのアクセスに対する 堅牢でコスト効率に優れたネットワ…
https://www.the-miyanichi.co.jp/special/dreamNews/detailep.php?id=0000211604
2020/03/11 14:00

「ディープフェイク」の脅威に対抗 スイスの研究者ら – SWI swissinfo.ch


人工知能(AI)を駆使した偽(フェイク)動画の精度向上が目覚ましい。スイスの専門家らはこうした技術の悪用がはらむ社会的リスクを踏まえつつ、被害を防ぐための新技術の開発に取り組んでいる。
https://www.swissinfo.ch/jpn/sci-tech/ai-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF%E7%94%BB%E5%83%8F-%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%8E-%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B8-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF-%E8%84%85%E5%A8%81-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9-%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E6%96%B0%E6%8A%80%E8%A1%93-%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC%E9%96%8B%E7%99%BA/45608154
2020/03/11 16:30

機械学習ニュースヘッドライン 2020/07/17自動車産業モノのインターネット市場2020成長の概要、アプリケーション、将来のトレンド、範囲、トップキープレーヤーCognizant、H...

機械学習から価値を生みだすために企業に必要な「データ分析基盤」とは?【デブサミ2020】 (1/2):CodeZine(コードジン)


 機械学習(ML)や人工知能(AI)に対する社会的な関心が高まる中、企業は多様なデータの分析に積極的に取り組んでいる。かつては敷居の高かった、高度なアルゴリズムを利用した分析やモデル作成が、RやPythonなどのライブラリを使って、従来よりも手軽に行えるようになった。しかし同時に、分析用データベース整備の効率化や、データサイエンススキルの不足への対処をどうするかといった課題も生みだしている。インターシステムズジャパンの堀田稔氏は「InterSystems IRIS Data Platformで高度なデータ分析のための基盤を整備しよう」と題したセッションで、同社の「InterSystems IRIS Data Platform」(以下、IRIS)が、企業のデータ分析にまつわるさまざまな課題を、どのようなアプローチで解決しようとしているのかについて紹介した。
https://codezine.jp/article/detail/12009
2020/03/11 12:00

機械学習ツールキット「Kubeflow 1.0」をGoogleが公開、「Anthos」と組み合わせると何ができるのか:自動スケーリングを利用可能 – @IT

Googleは、オープンソースのKubernetes対応機械学習(ML)ツールキットの正式版「Kubeflow 1.0」を公開し、企業がKubeflowをGoogle Cloudの「Anthos」プラットフォーム上で利用するメリットを紹介した。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2003/11/news051.html
2020/03/11 11:00

PatSnapとCASが戦略的パートナーシップ締結:紀伊民報AGARA

AsiaNet 83229(0386) 【コロンバス(米オハイオ州)、ロンドン2020年3月11日PR Newswire=共同通信JBN】*市場をリードする科学コンテンツとAIを活用した技術…
https://www.agara.co.jp/article/51423
2020/03/11 09:59

Googleが量子機械学習のためのオープンソースライブラリ「TensorFlow Quantum」発表! | Techable(テッカブル)

機械学習(ML)によって挙動の予測、あるいはデータの分類といったことができる。 これを量子コンピューティングに適用することで、既存の量子アルゴリズムの改善や新しい量子アルゴリズムを開発が可能。量子通信や創薬、新材料の発見…
https://techable.jp/archives/119057
2020/03/11 10:16

AIでコロナ危機に立ち向かうイスラエルの医療テック企業 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

世界の人々が新型コロナウィルスの脅威を知る前に、あるAIシステムがその流行を把握していた。トロントに本拠を置くスタートアップ「BlueDot」は、12月31日に中国の武漢で初めて新型コロナウィルスの感染事例が報告された数時間後にアウトブレイ
https://forbesjapan.com/articles/detail/32890
2020/03/11 07:30

AIがビジネスのインフラになる vol.2(Meiji.net) – Yahoo!ニュース

AIがビジネスのインフラになる vol.2櫻井 義尚(明治大学 総合数理学部 准教授)近年、機械学習を中心としてAIのビジネス分野での応用が進んでいます。しかし、海外の企業と比べ、日本の企業はAI戦
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200311-00010000-meijinet-soci
2020/03/11 08:01

「機能で選ぶ」時代は終わった IDCが提唱するストレージ選定の新たなポイントとは |ビジネス+IT


オールフラッシュアレイ市場は成熟化が進んでおり、多くのストレージベンダーは競合他社との差別化を図るべく、製品の機能強化から顧客体験(CX)向上へとシフトしている。米国の調査会社IDCは、CX向上策として11の分野を特定。中でも注目されるのがクラウドベースのプレディクティブアナリティクス(Cloud-Based Predictive Analytics:CBPA)だ。「データの共有」「モニタリングの対象」「AI/機械学習の活用による自律的運用」というCBPAの3つの特徴を踏まえながら、IDCが2018年6月に実施したCBPAに関する調査結果から、エンタープライズストレージ導入に必要な評価のポイントを紹介する。
https://www.sbbit.jp/document/Item/15756
2020/03/11 07:08

ディープラーニングはもう難しくない | AI専門ニュースメディア AINOW


AINOW翻訳記事『ディープラーニングはもう難しくない』では、近年、AI開発の敷居が低くなりつつあることを論じています。かつてのAI開発は、資本力のある企業しか着手できませんでした。こうしたなか、転移学習が登場したことでAI開発の敷居が劇的に下がり、新たなAIエコシステムが誕生すると予想されます。
https://ainow.ai/2020/03/11/183804/
2020/03/11 07:22

「AIまだまだ使えない」エンジニアが語るAIブームへの違和感と答え|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社


こちらは、「AIまだまだ使えない」エンジニアが語るAIブームへの違和感と答えのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。
https://newswitch.jp/outline/21444
2020/03/11 06:02

[活性化関数]ReLU(Rectified Linear Unit)/ランプ関数とは?:AI・機械学習の用語辞典 – @IT


用語「ReLU(Rectified Linear Unit)/ランプ関数」について説明。「0」を基点として、0以下なら「0」、0より上なら「入力値と同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2003/11/news016.html
2020/03/11 05:00

「機械学習」がマーケティングの“救世主”とは限らない理由:「AI」がマーケティングを進化させる【後編】 – TechTargetジャパン データ分析


マーケティング担当者は機械学習がもたらす可能性を無視すべきではない。ただし機械学習があらゆるマーケティング活動にメリットをもたらすわけではないことに注意が必要だ。
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2003/11/news12.html
2020/03/11 05:00

Googleが量子データに対応した機械学習ライブラリ「TensorFlow Quantum」を公開 – GIGAZINE

Googleがウォータールー大学、フォルクスワーゲン、機密研究機関「X」と共同で、量子機械学習用のライブラリ「TensorFlow Quantum(TFQ)」を公開しました。TFQは、量子コンピューティングと機械学習の研究コミュニティを結びつけ、量子の構造をモデル化するためのツールです。
https://gigazine.net/news/20200310-google-tensorflow-quantum/
2020/03/11 03:15