JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/03/02

Contents

サイバーセキュリティーがブランドパワーを保証:オンワード・セキュリティーのAIベース製品が国際サイバーセキュリティーコンペで7件の賞を受賞:時事ドットコム


March 2, 2020 12:21 UTC台北–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — IoT(モノのインターネット)サイバーセキュリティー評価ソリューションのリーダー企業であるオンワード・セキュリティー(安華聯網科技)は、2020年サイバーセキュリティー・エクセレンス・アワーズで500社以上の応募の中から抜きんでて、6件の金賞と1件の銀賞を獲得したと発表しました。当社はアジアにおける最優秀サイバーセキュリティー企業の部門で金賞を受賞したほか、当社の自動脆弱性評価デバイ…
https://www.jiji.com/jc/article?k=20200302005485&g=bw
2020/03/02 21:21

セキュアール
URLの安全性を無料で診断。ウィルスや詐欺サイトチェックする無料サービス「Securl(セキュアール)」URLの安全性を無料で診断。ウィルスや詐欺サイトチェックする無料サービス「Securl(セキュアール)」をご紹介します。 URLの...

LINEがAI人材200人規模まで拡大、技術の早期実用化が目的 | Ledge.ai


LINEは3月2日、2021年中をめどに、AI技術人材を現在の約2倍となる200名規模まで拡大する。合わせて大規模な組織再編が実施される。 組織再編にあたり、募集される職種は以下の通り。 画像処理エンジニア / リサーチャー 自然言語処理エンジニア / リサーチャー 音声処理エンジニア / リサーチャー 機械
https://ledge.ai/line-strengthens-ai-hr/
2020/03/02 18:25

無料でエクセル講座と、データサイエンス講座をオンラインで開放します。 | ニコニコニュース


エクセルをお持ちの方なら誰でも簡単に学べ、また誰もよりエクセルに詳しくなるための全講座と、現在人材不足が言われているデータサイエンティストになるための講座を一部無料で期間限定で公開します。 新型コロナウイルスの影響で、学校に行け…
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6732215
2020/03/02 17:30

インターネットサービスプロバイダ(ISP)を毎月、大量の実測値で比較して発表しているギガファイルスピードレポートをご紹介 毎月7日更新にてファイル転送サービス・ギガファイル便の実測値によるプロバイダーの回線速度を比較しランキングにしています。 数百万人の...

LINEがAI関連の組織を再編成 ーAI技術人材を2021年中に200名まで拡大 | AI専門ニュースメディア AINOW


LINE株式会社は3月1日付でAI技術に関連する社内の組織を再編成するほか、今後の採用活動を強化し、2021年中を目処にAI技術人材を200名規模まで拡大する方針を決定したと発表しました。 LINEは、2016年にLINEおよびLINE関連サービスにおけるデータの分析・研究を行う専門の開発組織として「LINE Data
https://ainow.ai/2020/03/02/183783/
2020/03/02 17:27

ボッシュ:新会社Bosch.IOを設立|MotorFanTECH[モーターファンテック]


ボッシュは、モノのインターネット化を中核とした活動を集約する新子会社Bosch.IOを設立した。
https://motor-fan.jp/tech/10013796
2020/03/02 13:14

機械学習ニュースヘッドライン 2020/04/12休校や変則授業に安心を。小中学生の保護者向けに見守り端末無償提供 |ニュースイッチ by 日刊工業新聞社 こちらは、休校や変則授業に...

電子署名のドキュサイン、「Agreement Cloud」のAI機能を強化へ–Seal Software買収発表 – ZDNet Japan


DocuSignは、人工知能(AI)テクノロジーを活用した契約系リーガルテックに注力するSeal Softwareを買収する意向を明らかにした。
https://japan.zdnet.com/article/35150078/
2020/03/02 10:15

ASCII.jp:JAXA、火星衛星からサンプル回収へ/新型コロナ治療薬開発の最新事情


世界最先端のテクノロジー情報をお届けするグローバルメディア「MITテクノロジーレビュー」から、ビジネスに役立つ注目のテック企業の最新動向、イノベーションにつながる最新の研究内容をピックアップして紹介します。
https://ascii.jp/elem/000/004/004/4004564/
2020/03/02 09:00

あなたの分析ロジック・AIをプログラミング不要でシステム連携。nehanAPI化機能でデータを素早く活用フェーズへ:時事ドットコム


[株式会社nehan]分析ツールnehanは、作成したデータフローをプログラミング不要でAPI化できる機能の提供を開始いたしました。データがあるからとりあえず分析してみる、そんなフェーズは終わりました。今、ビジネスに貢献するデータ活用が求められています。しかし、活用の一手段であるシステム連携は実装コストが高く、作成した分析ロジックやAIを現場に展開する難易度は未だ高いと考えております。nehanAPI化機能は、システム連携のコストを大幅に削減し、企業のデータ活用を促進させる機能です。昨年5月の分…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000009.000044237&g=prt
2020/03/02 09:55

「パスワードは複雑さより長さが大切」 FBIが指南 – ITmedia NEWS


パスワードの常識が変わりつつある。FBIの新しい指針は?
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/02/news061.html
2020/03/02 08:37

ミッションクリティカルに挑む─CERNの大型ハドロン衝突型加速器にもたらした”AI予測の力” | IT Leaders


現在、そしてこの先もAIが情報技術の最重要トピックであることは論を俟たないが、重要なのは、このテクノロジーがすでに実用期にあるということ。スマートスピーカーやチャットボットのような手軽で身近なもの、グローバル組織経営の意思決定支援、難病の究明・予防など、さまざまシーンでAIの事例を見聞きするようになった。今回は、超大規模なミッションのためにAIによる将来予測を必要としたCERN(欧州原子核研究機構)のCMMSプロジェクトから、AIのポテンシャルの一端を紹介したい。
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/19373
2020/03/02 08:10

【事例集】解決できなければ意味がない?「機械学習」4つの導入障壁の乗り越え方 |ビジネス+IT


AI(人工知能)の活用で、自社の変革に取り組む企業が増えている。米ガートナーによれば、2022年にはAI由来のビジネス価値は3.9兆ドルに到達するという。その中でも特に「機械学習」のビジネスへの適用は進められており、先進企業ではこれを活用して顧客への新しい体験や価値を提供することも増えてきた。本記事では、機械学習の最新動向と自社に適用する際のノウハウについて紹介する。
https://www.sbbit.jp/article/bitsp/37680
2020/03/02 07:04

なぜ「機械学習」の導入プロジェクトは失敗する? 成功事例の共通点 |ビジネス+IT


毎日のようにAI(人工知能)の話題が飛び交う現在、ビジネスを変革できるツールとして「機械学習」が多くの組織で利用されている。しかし、機械学習を導入するための実証済み方法が確立されていないことで、一部の企業は尻込みしているのが現状だ。最初の一歩を踏み出すために必要なこととは何だろうか。機械学習技術を最大限に生かせる方法を考えてみよう。
https://www.sbbit.jp/article/bitsp/37679
2020/03/02 07:18

新型コロナウイルスで試される、サプライチェーン分析の効果 – ZDNet Japan


新型コロナウイルスによる業務への影響に不透明感が漂う状況では、サプライチェーンにおける処方的(プリスクリプティブ)なアナリティクスやモデリングには限界が生じるかもしれない。
https://japan.zdnet.com/article/35149887/
2020/03/02 06:30

AI・機械学習のための数学超入門 ― 前提知識は四則演算だけ! (1/5):AI・機械学習の数学入門 – @IT


機械学習の数学は難しい!? そう思っている人はここから学んでみよう。本連載では、小学校で習う「四則演算(足し算/引き算/掛け算/割り算)」を使って、機械学習の数学をできるだけ分かりやすく簡単に説明していく。だからサブタイトルは「― 中学/高校数学のキホンから学べる」。今回は距離を求める中学数学をおさらいする。 (1/5)
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2003/02/news023.html
2020/03/02 05:00

プログラミング言語人気ランキング2020、2位に「大躍進」したあの言語 – プログラミング言語人気ラ…:日経クロステック Active


 システム開発に利用するプログラミング言語に変化は生じているのだろうか。最近ではDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが進み、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)機器を活用したシステム開発も増えている。デジタル化に取り組む企業ではデータ分析システムも欠かせない。
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00124/022700001/
2020/03/02 00:00