JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
インターネット

インターネット全般ニュースヘッドライン 2020/02/11

中国、サイバー攻撃否定 (2020年2月11日) – エキサイトニュース

【北京時事】中国外務省の耿爽副報道局長は11日のインターネット上の記者会見で、中国からサイバー攻撃を受けているという米側の主張について「中国政府と軍はネット上で商業的機密の窃取に従事、参加したことはな…
https://www.excite.co.jp/news/article/Jiji_20200211X597/
2020/02/11 17:52

インターネット全般ニュースヘッドライン 2020/10/18釧路市長選 開票始まる|NHK 北海道のニュース 任期満了に伴う釧路市の市長選挙は、18日午後9時20分に開票作業が始まりました。 ...

NTTドコモのISP「mopera U」と「ビジネスmoperaインターネット」が障害で2月11日4時頃から19時31分まで断続的に利用しづらい状況に – S-MAX

S-MAX:NTTドコモのISP「mopera U」と「ビジネスmoperaインターネット」が障害で2月11日4時頃から19時31分まで断続的に利用しづらい状況に
http://s-max.jp/archives/1787834.html
2020/02/11 21:25

国民・玉木氏、「提案型」に腐心 立民との違い強調に賛否|全国のニュース|佐賀新聞LiVE


国民民主党の玉木雄一郎代表が立憲民主党との合流見送りが決まって以降、独自色の発揮に腐心している。得意のインターネット発信を活発化させ、政府に提言を持ち込むことも。政権追及を重視する立民とは異なる「提案型」をアピールする狙いだが、党内からは賛否両論が上がっている。 玉木氏は合流協議がヤマ場を迎えていた1月上旬ごろ、ツイッターなどの発信を減らしていた。周辺は「協議に悪影響を与えないためだった」と解説する。 だが、同月下旬に当面の合流見送りが決まると、ツイートを再び活発化させた。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/487423
2020/02/11 16:56

インターネット全般ニュースヘッドライン 2020/01/14“宅ふぁいる便”3月で終了へ セキュリティー対策 多額の費用 | NHKニュース インターネットで大容量ファイルを転送できるサービス...

習近平総書記 医療関係者に敬意を示す_中国国際放送局

 中国共産党中央委員会の習近平総書記は10日、インターネットによる映像を通じて、重症患者を中心に受け入れ、治療している金銀潭病院、協和病院、火神山病院など、第一線で奮闘する医療関係者と意見を交わし、アドバイスを聴取しました。その際、習総書記
http://japanese.cri.cn/20200211/b311ec71-1c50-f175-8d34-bb8040b7a9ef.html
2020/02/11 12:03

生放送から海外のラジオまで!iPhoneで聴けるラジオアプリおすすめ5選|@DIME アットダイム


今や、インターネットがあれば、世界中のラジオ局の番組が聴取できる時代です。iPhoneに人気のラジオアプリをインストールし、音楽やライブ配信を楽しみましょう。インターネットラジオを使うときは、データ通信…
https://dime.jp/genre/839221/
2020/02/11 10:46

5つの機能でその投稿・ハッシュタグをいますぐチェック! インスタグラムの注目獲得とフォロワー増加が無料で行えます。
インスタグラムの集客・マーケティングなら「インスタツール」におまかせ!今回は、インスタグラムの集客・マーケティングを効率よく無料で行えるツールを提供する「インスタツール」をご紹介します。 https://...

中国政府の情報統制をかいくぐるウイグル族──武器はあの「TikTok」だ|WIRED.jp


中国政府による厳しい情報統制に対抗する“武器”として、少数民族ウイグル族の在外アクティヴィストたちが目をつけたのは、動画共有アプリ「Tik Tok」だった。エンターテインメント性の強い印象があるこのアプリが、閉ざされたインターネット空間から故郷の実態を拾い集めたり、デジタル・フラッシュモブを拡散して“声なき”メッセージを発信したりする場になっている。
https://wired.jp/membership/2020/02/11/tiktok-chinas-police-state/
2020/02/11 07:00

鮮度証明で輸出拡大 ブロックチェーン活用 – 毎日新聞

 三菱ケミカルとNTTデータは、ブロックチェーン技術を活用して日本の農水産物の価値を証明する取り組みを進めている。輸送中の魚の温度管理などをスマートフォンで確認できるシステムを開発。生産者が「鮮度の良さ」などを売りにして、輸出を拡大することが期待される。【高橋祐貴】
https://mainichi.jp/articles/20200211/ddm/008/020/118000c
2020/02/11 02:06