JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/02/10

Contents

2020年7月開業予定!「WISE OWL HOSTELS SAPPORO」1階に「札幌横丁(仮称)」がOPEN:時事ドットコム


[株式会社アスラボ]- 料理人は20万円で出店が可能!専用サイト「出店.biz」にて出店者募集開始 - 株式会社ワイズアウル(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 武藤 弥、以下「ワイズアウル」)は2020年7月開業予定の「WISE OWL HOSTELS SAPPORO」内1階で「札幌横丁(仮称)」を開業いたします。 株式会社アスラボ(本社:東京都港区南青山 代表取締役社長 片岡 義隆、以下「アスラボ」)が 「札幌横丁(仮称)」のプロデュースと、Shere Dining“Growth”Syste…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000015.000028290&g=prt
2020/02/10 18:25

機械学習ニュースヘッドライン 2019/12/20中国DiDi、NVIDIAと技術提携--「NVIDIA DRIVE」でレベル4自動運転を実現へ - CNET Japan NVIDI...

設備投資の審査で”暗黙知”活用AIシステムを運用する – bp-A ニュース


「ものづくり大国」日本を支える業界では、生産設備等の新設、維持・更新投資を判断する際、過去の判断における財務的投資効果や安全・安定稼働など、多くの視点で審査を行う。
https://bp-affairs.com/news/2020/02/20200210-9798.html
2020/02/10 17:17

グーグルCEO、15周年を迎えた「Google マップ」の未来を語る|WIRED.jp


グーグルの地図サーヴィス「Google マップ」が15周年を迎えた。これから同社は、マップをどんなサーヴィスへと成長させていくのか──。
https://wired.jp/2020/02/10/sundar-pichai-on-google-maps-at-15/
2020/02/10 18:00

セキュアール
URLの安全性を無料で診断。ウィルスや詐欺サイトチェックする無料サービス「Securl(セキュアール)」URLの安全性を無料で診断。ウィルスや詐欺サイトチェックする無料サービス「Securl(セキュアール)」をご紹介します。 URLの...

2019年の半導体M&A金額は総額317億ドルで史上3番目の規模に – IC Insights | マイナビニュース


半導体市場動向調査会社の米IC Insightsは、2019年の半導体業界が行ったM&A(合併および買収)の総額が、歴代3位となる317億ドルとなったとの調査結果を発表した。
https://news.mynavi.jp/article/20200210-971145/
2020/02/10 16:28

AIが投資する時代 「FOLIO ROBO PRO」はAIで何を予測するのか | ニコニコニュース


 ありとあらゆるものにAIが使われる時代、資産運用においてもAIの活用は進んでいる。テーマ投資やロボットアドバイザー(ロボアド)などの資産運用サービスを提供するフィンテック企業のFOLIOがスタートさせた「FOLIO ROBO PRO…
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6579501
2020/02/10 16:06

機械学習ニュースヘッドライン 2019/10/29アップルがiOS 13.2をリリース、低照度で低ノイズの写真を撮れるDeep Fusionあり | TechCrunch Japan...

レッドハット、統合ハイブリッドクラウドストレージを提供 – ZDNet Japan


Red Hatは、Red Hat OpenShift Container Platformのユーザー向けに統合化された「Red Hat OpenShift Container Storage 4 」の提供を開始した。
https://japan.zdnet.com/article/35149183/
2020/02/10 15:56

囲碁AI「GLOBIS-AQZ」、「第7回グロービス杯世界囲碁U-20」日本代表棋士に無償提供へ 日本棋院のネット対局サービス「幽玄の間」に導入、若手棋士6名の大会に向けた – CNET Japan


囲碁AI「GLOBIS-AQZ」、「第7回グロービス杯世界囲碁U-20」日本代表棋士に無償提供へ 日本棋院のネット対局サービス「幽玄の間」に導入、若手棋士6名の大会に向けた学習を支援
https://japan.cnet.com/release/30424723/
2020/02/10 13:36

コーヒーのカスタマイズ定期便「PostCoffee」がサービス体験にフォーカスした実店舗「PostCoffee Offline Store」をオープン!:時事ドットコム


[PostCoffee]コーヒー診断によるパーソナライズやコーヒーの抽出をプロのバリスタと一緒に体験コーヒーのサブスクリプションサービス『PostCoffee』を運営するPOST COFFEE株式会社(本社 : 東京都目黒区、代表取締役 : 下村 領)は、本日2020年2月10日よりサービス体験にフォーカスした実店舗「PostCoffee Offline Store」をオープンいたしました。店舗ではコーヒー診断をもとにプロのバリスタとともに試飲、飲み比べ、抽出を無料で体験できます。またWebで販…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000008.000042878&g=prt
2020/02/10 12:25

価格.com – アンシスが提供するモデル開発の統合プラットフォーム…CASEに対応して


2月5日、アンシスが自社のプロダクトスイーツの2020年最初のリリースアップデートを発表した。アンシスは各種シミュレーションモデルのソルバー群を持つグローバル企業。OEMやサプライヤーにとってツールベンダーのひとつかもしれないが、そのプロ…
https://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=91829/
2020/02/10 11:45

クアルコムの「インテリジェントワイヤレスエッジ」構想、AIと5Gの先端技術を組み合わせる | 日経 xTECH(クロステック)


 米Qualcomm(クアルコム)は2020年2月4日、5GとAIそれぞれの最先端技術を組み合わせた「インテリジェントワイヤレスエッジ」構想を発表した。これにより、個人的な情報を高度に、安全に処理できるようになり、様々な利益を生み出せるとしている。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/07052/
2020/02/10 11:00

橋梁と通行車両の動画をAIで解析し劣化を推定する新システムを開発 – BUILT


これまで、橋梁点検では、技術者が目視や打音により異状を確認していたが、技術者の技量により判断が異なることや足場設置に多額の費用がかかることが問題だった。ハードルを解消するため、NTTドコモは、京都大学と協働して、橋梁とその上を走る車両を撮影した動画から橋の劣化をAIで推定する新システムを開発した。
https://built.itmedia.co.jp/bt/articles/2002/10/news003.html
2020/02/10 09:00

宇宙の大規模構造のパターンをAIで正確・高速に予測 京大などが開発(2020年2月10日)|BIGLOBEニュース


宇宙上の物質分布は一様ではなく、銀河が網状に散らばった構造をしている。宇宙の大規模構造について深く理解することは、宇宙の進化に大きく関与するダークマターやダーク…(2020年2月10日 8時40分24秒)
https://news.biglobe.ne.jp/it/0210/zks_200210_9399603994.html
2020/02/10 08:40

日本IBM、企業の全社的な機械学習/AIに関する悩みに個別対応する新組織、「IBM AIセンター」を発足:約150のソリューションからカスタマイズ提供 – @IT


日本IBMは2020年2月7日、機械学習/AIで、顧客ごとに同社の製品・サービスをカスタマイズして提供する新体制を発足したと発表した。これは日本独自のプログラムで、人員を部門横断的に生かす新組織が担うという。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2002/10/news047.html
2020/02/10 07:34

誤ちを犯すAI、なぜ男性や白人を“ひいき”してしまうのか 三津村直貴の“今さら聞けない”テクノロジー講座|ビジネス+IT


さまざまなトラブルの元となる「偏見」は、人間だけではなくAIにも起こります。これはAIのバイアス(偏り)というもので、前回説明したように、AIのアルゴリズムや学習プロセスに問題があると偏った情報によって誤った判断基準が形成されるのです。この問題はAIの運用方法によっては致命的な欠陥になりかねません。なぜなら、AIはどんな状況でも同じ基準で物事を判断するためです。現実世界で起きている「AIの偏見」事例とその社会的背景を考察していきます。
https://www.sbbit.jp/article/cont1/37547
2020/02/10 06:11

ニューラルネットワークとは|AI・人工知能・仕組み・歴史・学習手法・活用事例 | Ledge.ai


近年、新たな技術革新として話題に上がるAI(人工知能)を支えている技術、ニューラルネットワーク。本稿では、AIで「魅力」の予測や向上を図る「魅力工学」を研究し、さまざまな企業と共同研究を行っている、東京大学大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦准教授監修のもと、ニューラルネットワークについて詳しく解説します。
https://ledge.ai/neural-network/
2020/02/10 06:01

ディープラーニングとは|AI・人工知能・歴史・仕組み・学習手法・活用事例 | Ledge.ai


AI(人工知能)は、近年、さまざまな分野において技術革新として、急速に導入が進められています。この発展を支える技術が「ディープラーニング」です。本稿では、東京大学大学院情報理工学系研究科の山崎俊彦准教授にお話を伺い、その歴史から仕組みまで詳しく解説します。
https://ledge.ai/deep-learning/
2020/02/10 06:00

いまさら聞けない「ファイバーチャネル」「iSCSI」の違い SANならどっち?:「ファイバーチャネル」vs.「iSCSI」【前編】 – TechTargetジャパン サーバ&ストレージ


SANには「ファイバーチャネル」と「iSCSI」が一般的に使われる。どちらでSANを構成すべきかは意見が分かれる。それぞれどのようなネットワーク技術なのだろうか。
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2002/10/news03.html
2020/02/10 05:00

21.5cm角で40万コアの大型チップを搭載したAIアクセラレーター – 製品&サービス:IT:日経 xTECH Active


 米Cerebras Systemsの「CS-1」は深層学習/機械学習を高速に実行するためのアクセラレーター。ラックマウント型(高さ15U)のきょう体を持つ。PCサーバーとネットワーク経由で接続して使う。
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00005/013000130/
2020/02/10 00:03