JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/01/14

Contents

空棚や価格間違い、展示問題などを素早く見つけるZebraの在庫管理ロボット「SmartSight」 | TechCrunch Japan


店舗に入り、補充が必要な棚を見つけたことは何度あるだろうか? これは頻繁に発生する問題であり、一方で特に大規模な小売施設では、在庫を補充満たすことは困難だ。そんな問題にたいし、Zebra Technologies(ゼブラ・テクノロジー)は解決策を提供する。これは棚をスキャンし、在庫の不足を従業員に報告するロボットだ..
https://jp.techcrunch.com/2020/01/14/2020-01-14-zebras-smartsight-inventory-robot-keeps-an-eye-on-store-shelves/
2020/01/14 20:30

機械学習ニュースヘッドライン 2019/11/24ロボットがゴミを分別!? Alphabet 傘下のX が「Everyday Robot プロジェクト」を発表 | Techable(テッ...

AR Kitとは?Appleが提供する「AR Kit」についての情報まとめ! | VR Inside


AppleがiOSで提供しているARプラットフォーム「AR Kit」。スマホのカメラで高度なARを実現できます。この記事ではAR Kitでできることや特徴、対応機種、そしてGoogleのAR Coreとの違いについてご紹介していきます。
https://vrinside.jp/news/ar-kit/
2020/01/14 18:00

PFNがオープンソースの機械学習向けハイパーパラメータ自動最適化フレームワーク 「Optuna」を正式公開 | AI専門ニュースメディア AINOW


株式会社Preferred Networks(PFN)が、オープンソースソフトウェア(OSS)の機械学習向けハイパーパラメータ自動最適化フレームワークOptuna™(オプチュナ)の初のメジャーバージョンとなるv1.0を公開したと発表しました。
https://ainow.ai/2020/01/14/182639/
2020/01/14 17:28

セキュアール
URLの安全性を無料で診断。ウィルスや詐欺サイトチェックする無料サービス「Securl(セキュアール)」URLの安全性を無料で診断。ウィルスや詐欺サイトチェックする無料サービス「Securl(セキュアール)」をご紹介します。 URLの...

BlackBerryとAWSが協業 CES2020でコネクテッドカー・プラットフォームのデモ公開 | LIGARE(リガーレ)人・まち・モビリティ


BlackBerry Limited(以下、BlackBerry)は1月6日、Amazon Web Services, Inc.(以下、AWS)との協業を発表し、CES2020で車載アプリケーション向けのコネクテッドカー・ソフトウェア・プラ…
https://ligare.news/story/blackberry-aws_ces2020/
2020/01/14 16:05

AI市場は2023年に640億円へ──ITRの市場予測 | Ledge.ai


昨年12月、株式会社アイ・ティ・アールは、「ITR Market View:AI市場2019」として、AI主要6市場(画像認識、音声認識、音声合成、言語解析、検索・探索、翻訳)を対象に、国内33ベンダーへの調査に基づいた2017~2018年度売上げ実績、および2023年度までの売上げ予測を発表した。 2018
https://ledge.ai/itr-ai-market-forecast/
2020/01/14 15:55

インターネットサービスプロバイダ(ISP)を毎月、大量の実測値で比較して発表しているギガファイルスピードレポートをご紹介 毎月7日更新にてファイル転送サービス・ギガファイル便の実測値によるプロバイダーの回線速度を比較しランキングにしています。 数百万人の...

マガシークECサイトに「最初から賢いAIチャットボット『sAI Chat』」を導入 短期間で高精度な対応が可能に|ECのミカタ


同社によれば『sAI Chat』は、ユーザーの「話し言葉」を理解し、最もふさわしい回答を自動で返答、もしくは、オペレーターに提示するチャットサービスだ。海外のAIエンジンでは日本語に最適化できないことも多いが、サイシードが保有する業界固有の辞書と日本語表現の類義語辞典を活用することで、学習する前の段階で「最初から賢いAI」を実現するとしている。 同社がまとめる「自社開発のAIエンジン」の特徴は次の通りだ。 ◆サービス横断のAIエンジン AIチャットボット、FAQシステムでも共通の自社エンジンを採用しているため、社内用FAQシステムでAIを学習させた後にチャットボットで移行する | ECのミカタは、ネットショップ運営を支援するネットショップ専門のポータルサイトです。
https://ecnomikata.com/ecnews/24748/
2020/01/14 15:56

「メスに食べられずに交尾するにはどうしたら…」クジャクグモの解決策がおもしろい【虫注意】 | ニコニコニュース


Credit:Jurgen Otto point クジャクグモのオスは腹部の模様を「捕食者」に見せて、求愛するチャンスをつくる 腹部模様はAIが誤認識するほど「捕食者」に似ている オーストラリアやテキサス州オースティンには「世界…
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6438537
2020/01/14 12:12

グーグルがIBM Power Systemsを自社クラウドに統合 | TechCrunch Japan


Google Cloudがプラットフォームに移行する企業を増やそうとしている中、企業が簡単にレガシーインフラストラクチャやワークロードをクラウドに置き換えたり移行したりできる必要がある。これらのワークロードの多くは、Powerプロセッサを搭載したIBMのPower Systems上で稼働しており、これまでクラウドベ..
https://jp.techcrunch.com/2020/01/14/2020-01-14-google-brings-ibm-power-systems-to-its-cloud/
2020/01/14 09:45

アフレル、2021年新卒採用でAI人材の特別採用を追加 | ICT教育ニュース


アフレルは、2021年卒業見込者を対象に「アフレルの新卒採用7方式+AI」を16日から実施する。 同社の2021年新卒採用では「総合会社説明会」や「直接社長と話す会」など、さまざま […]
https://ict-enews.net/2020/01/14afrel-5/
2020/01/14 08:27

若者の“Webサイト離れ”が進む――知っておきたいSEO最新動向と対策ポイント5つ | 【レポート】Web担当者Forumミーティング 2019 Autumn | Web担当者Forum


【Web担】5G通信が登場。今何をすべきで、何を考える必要があるのだろうか? Webサイトがどうなっていくのかを考察するとともに、SEOの最新動向を解説
https://webtan.impress.co.jp/e/2020/01/14/34782
2020/01/14 07:00

データサイエンティストが東大生の人気職種に 新卒年収は1000万円以上 (1/2) – ITmedia NEWS


東大生の間で、データサイエンティスト職への注目度が高まっている。多方面の知識とビジネスセンスが必要で難易度は高いが、高給が期待できる点や自由な働き方ができる点などが人気の理由だ。 (1/2)
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/14/news038.html
2020/01/14 07:00

クラウド、5G、AIはどうなる?–2020年、5つのテクノロジートレンド予想 – ZDNet Japan


2020年のエンタープライズ市場を形作ると予想される5つのテクノロジートレンドについて考える。
https://japan.zdnet.com/article/35147691/
2020/01/14 06:30

まさにインターネット・オブ・アニマル、「豚にも顔認証」の時代がやってきた 連載:中国イノベーション事情|ビジネス+IT


中国は世界最大の豚肉生産国だ。しかし養豚業は近代化が追いついておらず、生産性は悪いうえに、感染症にも弱い。特にアフリカ豚コレラの流行で、中国の養豚業は危機に陥っている。この現状を変えようとしているのが、アリクラウド、京東農牧、網易などのテック企業のトッププレーヤーたちだ。「豚の顔認識技術」の開発を手始めに、豚舎にセンサー類を設置し、バイタル、行動などのデータを取り、これを機械学習させて健康や肉質を管理する試みを進めている。まさに、IoA(Internet of Animals)やAI養豚とも言うべき仕組みの構築を始めているのだ。
https://www.sbbit.jp/article/cont1/37497
2020/01/14 06:43

AIとデザイン:日経クロストレンド


@Yam_eye・2016年03月10日 高性能の写真機の登場によって、肖像記録者としての画家は敗北したわけだけど、それによって人類は「表現する」ことの意味を再発見した。AI(人工知能)に出合うことによって、人が思考の営みをさらに高い段階に持っていくことを期待する。
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/skillup/00013/00028/
2020/01/14 05:02

RPAをまずは導入すべし 次世代RPA「IPA」の失敗しない入れ方:「RPA」から「IPA」へ【中編】 – TechTargetジャパン 経営とIT


OCRや自然言語処理、チャットbotなどの技術によって、「RPA」よりも高度な業務自動化を実現する「IPA」。RPAはどのようにしてIPAに発展したのか。IPAの適切な導入手順とは。
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2001/14/news09.html
2020/01/14 05:00

くらしナビ・学ぶ:@大学 大学が育成するAI人材 将来見据え専攻新設や必修化 – 毎日新聞


 人工知能(AI)を学ぶカリキュラムを取り入れる大学が増えている。埼玉工業大(埼玉県深谷市)は2019年度に工学部情報システム学科に「AI専攻」を新設した。AIの基礎から産業分野での活用方法などが学べるほか、情報処理の国家資格や日本ディープラーニング協会の資格の取得を支援し、AI時代に求められる人材
https://mainichi.jp/articles/20200114/ddm/013/100/008000c
2020/01/14 02:01

入金消込業務を機械学習で支援するSaaS型クラウドサービス – 製品&サービス:IT:日経 xTECH Active


 NTTコムウェアの「PayMa(Smart Payment Matching)」は、経理業務のうち入金消込業務を支援するSaaS型クラウドサービス。入金データの「振込人名義」と「請求先企業名」を名寄せして自動でひも付ける。
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00005/122600109/
2020/01/14 00:09