JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/01/06

Contents

細かいところが確かに違う、iPhone 11シリーズのDeep Fusionをオン/オフして撮り比べよう | マイナビニュース


iOS 13.2で登場した「Deep Fusion(ディープ・フュージョン)」は、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxでサポートされる画像合成技術です。これらのiPhoneに搭載されるシステム・オン・チップ「A13 Bionic」には、機械学習関連の処理に特化した「Neural Engine(ニューラル・エンジン)」という機能があり、その働きにより画質向上を図ります。
https://news.mynavi.jp/article/20200106-ipadiphonehacks/
2020/01/06 20:45

機械学習ニュースヘッドライン 2019/12/13【セキュリティ ニュース】MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設(1ページ目 / 全2ページ):Security NEXT ...

技術革新に即したデータ管理でDX支援を加速 – ベリタス | マイナビニュース


2020年の年頭にあたり、ベリタステクノロジーズ 代表執行役員社長の大江克哉氏は、以下の年頭所感を発表した。
https://news.mynavi.jp/article/20200106-950835/
2020/01/06 17:48

ラピュタ風ロボット「Reachy」がCES 2020に出展、オープンソースでカスタマイズ可能 – Engadget 日本版


AIやロボットの開発競争がますます盛り上がる昨今。研究機関や大企業はこぞって開発に挑んでいます。フランスのPollen Roboticsはその流れをうけて、オープンソースのロボット開発プラットフォーム「Reachy」の投入により、より小さい開発者を巻き込んだロボット革命を目指しています。 Reachyは、映画『天空の城ラピュタ』のロボット兵を思わせる人型のロボット。CES
https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-06-reachy-ces-2020.html
2020/01/06 17:54

インターネットサービスプロバイダ(ISP)を毎月、大量の実測値で比較して発表しているギガファイルスピードレポートをご紹介 毎月7日更新にてファイル転送サービス・ギガファイル便の実測値によるプロバイダーの回線速度を比較しランキングにしています。 数百万人の...

顧客のDX成功に向け、プロセスと人材の支援にも注力 – SAS 堀田社長 | マイナビニュース


SAS Institute Japanは2020年の年頭所感を発表した。2020年は、企業の「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」 の取り組みの成果が求められる年になるとして、顧客のDXを成功に導くため、「テクノロジー」だけでなく、「プロセス」、「人材」面のご支援にも力を入れるという。
https://news.mynavi.jp/article/20200106-950770/
2020/01/06 16:06

ラピュタ風ロボット「Reachy」がCES 2020に出展、オープンソースでカスタマイズ可能 – Engadget 日本版


AIやロボットの開発競争がますます盛り上がる昨今。研究機関や大企業はこぞって開発に挑んでいます。フランスのPollen Roboticsはその流れをうけて、オープンソースのロボット開発プラットフォーム「Reachy」の投入により、より小さい開発者を巻き込んだロボット革命を目指しています。 Reachyは、映画『天空の城ラピュタ』のロボット兵を思わせる人型のロボット。CES
https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-06-reachy-ces-2020.html
2020/01/06 17:46

機械学習ニュースヘッドライン 2019/11/04ユーチューブはどんな違反を犯したのか(小久保重信) - 個人 - Yahoo!ニュース 米連邦取引委員会とニューヨーク州司法長官は先...

【株式市場】新年初日の日経平均は400~500円安で一進一退となり米国とイランの緊張を注視 | 財経新聞


◆日経平均は2万3204円86銭(451円76銭安)、TOPIXは1697.49ポイント(23.87ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億1971万株 1月6日(月)後場の東京株式市場は、引き続き米国とイランの情勢を注視する姿勢が強いようで、個別物色の展開になり、日経平均は450円安前後(2万3200円前後)の水準で小動きを続けた。
https://www.zaikei.co.jp/article/20200106/547262.html
2020/01/06 15:53

2020年1月のAI関連イベントまとめ | AI専門ニュースメディア AINOW


2020/01/04 【初心者歓迎】機械学習のための数学入門【線形代数基礎編】 日時:2020/01/04(土) 場所:【東京メトロ日比谷線】東銀座駅徒歩4分/【東京メトロ有楽町線】銀座一丁目駅徒歩5分/【都営浅草線】宝町駅徒歩6分 中央区銀座2-14-4(銀座スクエア3階) 初学者のためのニューラルネットワーク講座
https://ainow.ai/2020/01/06/182387/
2020/01/06 15:55

加速するAIチップ市場、2019年の重要な動き – EE Times Japan


2019年のAI(人工知能)アクセラレーターのハードウェアセグメントは、非常に活気があった。AIアクセラレーターのハードウェア分野における、2019年の重要な出来事トップ5を紹介する。
https://eetimes.jp/ee/articles/2001/06/news053.html
2020/01/06 12:30

SAS Institute Japan年頭所感 – CNET Japan


SAS Institute Japan年頭所感
https://japan.cnet.com/release/30419110/
2020/01/06 11:00

<CES>サムスン、“99%画面”の「ベゼルレス」8K液晶テレビを公開 – PHILE WEB


サムスン電子は、1月7日から10日まで米ラスベガスで開催されている「CES 2020」にて、QLED技術を搭載した8K液晶テレビの新製品を公開する。
http://www.phileweb.com/news/d-av/202001/06/49390.html
2020/01/06 11:06

2020年,IoT実践のための「エンジニアの鍛え方」:新春特別企画|gihyo.jp … 技術評論社


IoTの2019年を振り返ると,IoT実践の拡がりを感じた1年となりました。
http://gihyo.jp/dev/column/newyear/2020/iot_engineer
2020/01/06 09:45

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス):グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第72回 機械学習パイプラインにおける学習データの異常検知システム(パート3) | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)


CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第72回 機械学習パイプラインにおける学習データの異常検知システム(パート3)」を公開しました。### はじめに  前回に引き続き、2019年に公開された論文「Data Validation for Machine Learning」を元にして、機…
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_8800229/
2020/01/06 09:05

NEDOシンポジウム「AI&ROBOT NEXT」の「AIコンテスト」の展示内容(アスキー) – Yahoo!ニュース


2020年1月16日・17日に開催されるNEDOシンポジウム「AI&ROBOT NEXT」における次世代人工知能技術分野「AIコンテスト」の展示内容を紹介。 NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000004-ascii-sci
2020/01/06 09:00

AI攻撃には「AI」で対抗せよ。「東大超え」OISTが実施するセキュリティ対策とは? |ビジネス+IT


ITシステムに対する脅威は、近年、ますます巧妙かつ高度になり、セキュリティ対策も難しくなっている。「質の高い論文の割合が高い研究機関ランキング」で、東京大学を上回り日本トップになった沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、AIを活用した最新のセキュリティ対策ツールを多層的に導入することで、安定したセキュリティ基盤を実現した。ここでは、OISTの具体的な成功事例と、セキュリティ対策ツールの導入ポイントについて紹介しよう。
https://www.sbbit.jp/article/cont1/37366
2020/01/06 07:11

2020年は企業もそろそろ量子コンピュータの情報収集を始めるべきだ (1/2):EnterpriseZine(エンタープライズジン)


 2019年はAIや機械学習の技術の普及が加速する一方で、従来技術との使い分けや適用領域の見極めもある程度浸透したといえる。そのことで、AIや機械学習の技術は落ち着きを見せ、実務に応用できるようになった。一方でこれからの技術として2020年以降注目したいのが、量子コンピュータだ。まだまだ企業がビジネスで利用するレベルには至っていないが、この技術のさまざまな動きが目立つようになっている。量子コンピュータがそろそろ自分たちの周りにも実際にやってくる、そんな世界を意識し始めるべきかもしれない。
https://enterprisezine.jp/dbonline/detail/12674
2020/01/06 06:00

2020年大予測、脱COBOLが進み「あの言語」がアプリ開発の本命言語に | 日経 xTECH(クロステック)


 AI(人工知能)開発に必須のプログラミング言語として人気の「Python」。これまでは小規模開発での利用が主流だったが、2020年は大規模開発での採用例が増え、「本命」の一角を担う。変数の型をチェックする機能「型ヒント」の利用が普及するからだ。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01152/122500003/
2020/01/06 05:02

アメフト界最大の課題「脳しんとう」、アマゾンがAIで解決に挑む | 日経 xTECH(クロステック)


 米国時間の2019年12月5日、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)傘下のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のアンディ・ジャシー最高経営責任者(CEO)と米プロアメリカンフットボールNFLのロジャー・グッデル・コミッショナーは記者会見で提携を強化し、アメフト選手をケガから守るAI(人工知能)技術「Digital Athlete(デジタルアスリート)」を共同開発すると発表した。そこにはクラウドビジネスの発展と激しい競争も見え隠れする。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00729/00016/
2020/01/06 05:00

AIでウイルスを検出、その巧みな仕組みを詳細解説 | 日経 xTECH(クロステック)


 AI技術をウイルスやランサムウエアの検出に利用する動きが活発になっています。AI技術を取り込んだ対策ソフトがどのような仕組みになっているのかを見ていきましょう。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/cpbook/18/00038/00009/
2020/01/06 05:00