JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
インターネット

インターネット全般ニュースヘッドライン 2020/01/01

食事中もスマホを手放さない子どもにイライラ……「スマホ依存」からわが子を救う6カ条(文春オンライン) – Yahoo!ニュース


親が知らない子どもの「スマホ依存」。スマホを手放さない我が子に親はどう対処すればいいのか。依存症になる前に打つ手はあるのか。実際に子どもと向き合った親たちの事例から、我が子を救うための方策を考えます
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00013017-bunshun-life
2020/01/01 17:00

5つの機能でその投稿・ハッシュタグをいますぐチェック! インスタグラムの注目獲得とフォロワー増加が無料で行えます。
インスタグラムの集客・マーケティングなら「インスタツール」におまかせ!今回は、インスタグラムの集客・マーケティングを効率よく無料で行えるツールを提供する「インスタツール」をご紹介します。 https://...

ライター・ヨッピーさんも実践! 実家のデジタル化で大切なこと (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

 重い荷物を持って腰を痛めていないか。一人で家に閉じこもっていないか。離れて暮らす親への不安を、デジタル機器で解消したい。暮らしを楽にし、生きがいにもつながる。年末年始、実家と親のデジタル化に挑戦しま…
https://dot.asahi.com/aera/2019122600029.html
2020/01/01 17:00

海外旅行におすすめのポケットWiFi6選│使用時の注意点も解説します


今回の記事では、海外旅行でも使用できるおすすめのポケットWiFi6選の紹介と、メリットや注意点を解説していきます。 海外のインターネット接続はスマホの海外ローミングも手ですが、渡航前の事前設定や帰国後の設定変更が手間なので、ここ最近の海外旅行時はポケットWiFiのレンタルがトレンドとなっています。
https://bitwave.showcase-tv.com/6-pocket-wifi-overseas-travel/
2020/01/01 12:00

インターネットサービスプロバイダ(ISP)を毎月、大量の実測値で比較して発表しているギガファイルスピードレポートをご紹介 毎月7日更新にてファイル転送サービス・ギガファイル便の実測値によるプロバイダーの回線速度を比較しランキングにしています。 数百万人の...

LINEがリーチ率で圧倒・スマホ利用率増加に歯止め ニールセンが『2019年日本のインターネットサービス利用者数・利用時間ランキング』を公表|ECのミカタ

2019年もスマートフォンの利用者数は継続的に増加し、全年代でインターネット利用のメインデバイスとなった。しかし、サービスによってはパソコンとの併用利用も多いため、デバイスを跨いでのインターネット利用状況を把握することが重要となりそうだ。 2019年におけるトータルデジタルでの日本人口に対するリーチ(利用率)TOP 10サービスをみると、昨年と大きなランキングの変動はなく、継続してTOP3サービスは人口の半数が利用していた。デバイス横断でリーチが最も高かったのはGoogleで56%、次いでYahoo Japanが54%、YouTubeが50%となっており、トータルデジタルのTOP10サー | ECのミカタは、ネットショップ運営を支援するネットショップ専門のポータルサイトです。
https://ecnomikata.com/ecnews/24664/
2020/01/01 12:00

あけましておめでとうございます|上越タウンジャーナル

上越タウンジャーナルをご愛読いただいている皆様に、新年のごあいさつを申し上げます。2010年1月に地域から発信するインターネット・ニュース・メディアとして産声を上げた「上越タウンジャーナル」は、今年10周年を迎えます。この10年、インターネットをはじめとする情報通信技術の急速な発
https://www.joetsutj.com/articles/82487344
2020/01/01 07:24

インターネット全般ニュースヘッドライン 2020/05/11検察庁法改正案へのネット上の反対意見、コメントしない=官房長官 - ロイター 菅義偉官房長官は11日午後の会見で、インターネット上で...

車両安全をネットで祈願 沖縄の神社がIT活用 キャッシュレス対応も | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス


 那覇市の沖宮は、車両の安全祈願のインターネット受け付けを始めた。受け付けた祈願は、依頼者が一度も来社する必要がなく、神職が祝詞を読み上げ祈願し、後日お守りか電子祈願証明書を送る。体力的な理由や遠方にいて来られない人などを対象に、1月12日まで受け付ける。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/517192
2020/01/01 07:00