JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2021/02/15

Contents

データ提供者と利用者、双方が安心できるデータ取引サービスはじまる – bp-A ニュース

産官学あげてデータ駆動型社会の実現を目指している。日本では従来、データの活用はマーケット分析などの消費型(一度の利用で完結)であり、製品やサービスに組み込まれてデータが流通することはなかった――けれども、実用的なAIの登場でその状況が変わりつつある。
https://bp-affairs.com/news/2021/02/20210215-10662.html
2021/02/15 22:17

PlayAI ぷれあい|人工知能による文章自動作成機能を提供しています。
人工知能での文章作成が楽しめるサービスplayai/ぷれあい登場 GPT-2 1558モデルを使用した日本語文章作成ツールが登場した。 だれでも無料で文章の作成を楽しめることを目的にし...

コンタクトセンターのソフトウェア市場は、2027年まで18.9%のCAGRで目覚ましい成長が見込まれています:時事ドットコム

コンタクトセンターのソフトウェア市場は、2027年まで18.9%のCAGRで目覚ましい成長が見込まれています:時事ドットコム
[Report Ocean]世界のコンタクトセンターソフトウェアの市場規模は2019年に187億ドルと評価され、2027年までに72,042百万ドルに達すると予測されており、2020年から2027年にかけて18.9%のCAGRで成長します。市場概況:消費者は、さまざまな事業部門で重要な役割を果たしています。したがって、顧客を維持し、消費者の需要の増加に対応するには、効率的なコールセンターソフトウェアが不可欠です。コンタクトセンターソフトウェアは、顧客がサポートニーズのためにビジネスに到達するのに…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000914.000067400&g=prt
2021/02/15 20:46

衛星データサービス市場は、2027年まで19.1%のCAGRで目覚ましい成長が見込まれています:時事ドットコム

衛星データサービス市場は、2027年まで19.1%のCAGRで目覚ましい成長が見込まれています:時事ドットコム
[Report Ocean]世界の衛星データサービス市場は2019年に55.2億ドルと評価され、2027年までに193.6億ドルに達すると予測されており、19.1%のCAGRを記録しています。市場概況:衛星データサービスには、気象、軍事、農業に関するデータの収集、分析、および配布が含まれます。衛星データサービスは、精度や効率などの機能により、軍事や農業などのさまざまなアプリケーションで好まれています。国防総省が国境での活動を監視するのに役立ち、農業部門が災害を克服するために天候を監視するのに役立…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000911.000067400&g=prt
2021/02/15 20:46

「Vliver」と「AI VTuber」がセットで活動する新プロジェクトが始動! | Mogura VR
機械学習ニュースヘッドライン 2021/02/12「Vliver」と「AI VTuber」がセットで活動する新プロジェクトが始動! | Mogura VR 2月12日(金)、シルエッ...

地方の学生にIT教育を無償提供し、企業の明日を作り出す[Do-oR Project]、始動。:時事ドットコム

[株式会社iTAN]アプリ開発や企業のDX化で未来の当たり前を作る株式会社iTAN(イタン)が、熊本県人吉市に拠点開設。地元の学生と企業が一体となり、新たな価値を創造するプラットフォームの創出を目指します株式会社iTAN(名称:イタン 本社:東京都台東区、代表取締役 倉田峻良)は、地元学生へのIT教育支援・キャリア育成を通じ地元企業のDXに貢献する「Do-oR Project(ドアプロジェクト)」の実装に向け、熊本県人吉市に新たに拠点を開設します。スマートフォンアプリ開発サービス「iSIN」を提…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000007.000044355&g=prt
2021/02/15 20:16

ディープフェイク検出システムをすり抜ける攻撃手法を実証、米国の研究チーム:敵対的サンプルでAIのミスを誘発 – @IT

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、AIをだます新しい手法とその実証結果を発表した。実際の映像を改変操作したディープフェイク動画を検出するAIが対象だ。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2102/15/news102.html
2021/02/15 16:30

7万超のサイトの集計からテキスト数と検索順位の関係さぐる「Preakプリーク」もともと検索順位上の競合サイトの文字数をいっきに調べるツールとして公開したものが、 使うに使われて、データが蓄積。7万超のサイトに。 ...

商船三井、米ベアリング社との連携拡大 船舶の運航効率最適化へ | ニュース | 環境ビジネスオンライン

商船三井(東京都港区)とベアリング社(米国カリフォルニア州)は2月9日 、船舶の運航効率の最適化を目的としたパートナーシップの拡大を図ると発表した。
https://www.kankyo-business.jp/news/027339.php
2021/02/15 15:07

ド近眼の人の眼鏡フレーム選択を容易にしてくれる特許について(栗原潔) – 個人 – Yahoo!ニュース

ド近眼の人の眼鏡フレーム選択を容易にしてくれる特許について(栗原潔) - 個人 - Yahoo!ニュース
視力の悪い人が眼鏡フレームを試着する時に自分の顔がよく見えないという根本的問題を解決する発明が特許化されました。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kuriharakiyoshi/20210215-00222746/
2021/02/15 15:00

<人事に関する調査>テレワーク拡大で評価軸が「成果主義」に変化。同時に人事評価が難しくなったと感じる人は約6割。さらに、部署のニーズと個人の能力のミスマッチも浮き彫りに:時事ドットコム

<人事に関する調査>テレワーク拡大で評価軸が「成果主義」に変化。同時に人事評価が難しくなったと感じる人は約6割。さらに、部署のニーズと個人の能力のミスマッチも浮き彫りに:時事ドットコム
[株式会社アッテル]AI(機械学習)が採用候補者の入社後活躍・退職確率を予測する将来予測型ピープルアナリティクスサービス「アッテル(Attelu)」を展開する株式会社アッテル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:塚本 鋭)は、この度、人事・採用担当者300人にインターネット調査を行い、コロナ禍でのテレワーク導入による人事評価方法の変化と、人材の最適配置に関して調査を行いました。その結果に関して、下記の通り発表いたします。【調査概要】調査対象:人事・採用担当者 300人調査方法:インターネット調査調査…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000012.000046088&g=prt
2021/02/15 13:16

ASCII.jp:デジタル信号処理の市場で生き残ったCEVA AIプロセッサーの昨今 (1/3)

CEVAはスマート家電やデジタルテレビなどの市場では比較的順調にデザイン・ウインを獲得しており、最近は5G向けなどにも本格的に進出を始めるなど、健闘しているベンダーである。
https://ascii.jp/elem/000/004/044/4044140/
2021/02/15 12:00

「テックジム東京本校」、法人年間パスを1ライセンス29.7万円で提供開始 | ICT教育ニュース

テックジム東京本校は10日、1カ月ごとに入れ替え自由な、法人年間パスを1ライセンス29万7000円で提供することを発表した。 利用者は、各月ペースで入れ替え自由。プログラミングの基 […]
https://ict-enews.net/2021/02/15techgym/
2021/02/15 08:09

日本オラクル、データベース戦略におけるコンバージド・データベースの優位性を強調(Impress Watch) – Yahoo!ニュース

 日本オラクル株式会社は12日、同社のデータベース製品の戦略説明会を開催し、執行役社長の三澤智光氏がオラクルの「コンバージド・データベース」という概念や、最新データベース製品「Oracle Data
https://news.yahoo.co.jp/articles/4a52c690f20e489131d49916ab7a5fecbcea8356
2021/02/15 06:59

AIへの信頼は高まっている–Oracle幹部が語る財務とAI、RPAと比べたメリット – ZDNet Japan

Oracleが行った財務管理におけるAI利用の意識調査では、、67%が「人間よりもAIやロボットを信じる」と回答した。同社幹部に、現状やAI活用などを聞く。
https://japan.zdnet.com/article/35166386/
2021/02/15 06:00

ハイプ・サイクルに見るAIの潮流 ロボット研究が日本のチャンス:日経クロストレンド

ハイプ・サイクルに見るAIの潮流 ロボット研究が日本のチャンス:日経クロストレンド
米国調査会社「ガートナー(Gartner)」が数千を超えるテクノロジーの中から注目すべき先進テクノロジーとそのトレンドなどを分析し、毎年公開している「ハイプ・サイクル(Hype Cycle)」。このグラフを読み取りながら、AI(人工知能)技術をはじめとする先進テクノロジーの展望について、米シリコンバレーを拠点に企業のAI活用・導入を支援するパロアルトインサイトの石角友愛CEO(最高経営責任者)と、ディープラーニング(深層学習)分野で日本をリードする東京大学大学院 工学系研究科・松尾豊教授が議論する。
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00281/00012/?i_cid=nbpnxr_child
2021/02/15 05:04

汎用サーバーから機械学習まで、100種類を超えるクラウドのサービスメニュー – IT技術者が知ってお…:日経クロステック Active

汎用サーバーから機械学習まで、100種類を超えるクラウドのサービスメニュー - IT技術者が知ってお...:日経クロステック Active
 大手クラウド事業者は様々なサービスメニューを用意している。汎用サーバーやデータベースだけにはとどまらず、機械学習やIoTなど、その数は100種類を優に超える。一体、どういったサービスがあるのか。詳しく見てみよう。
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00254/011400002/
2021/02/15 05:02