JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
セキュリティー

セキュリティニュースヘッドライン 2019/11/27

認証速度≦0.3秒、顔パスでスマートに入退出 – bp-A ニュース


防犯ないしは営業秘密を守るために社員及び来訪者の出入りを厳に見張る。入退室ゲートで用いるICカードの管理・運用は煩わしい。セキュリティ対策を厳重にしていても、ICカードは、盗難やなりますしを防ぎきれない。
https://bp-affairs.com/news/2019/11/20191127-9603.html
2019/11/27 18:01

セキュリティニュースヘッドライン 2020/04/24日本はいま、人類史上最強のセキュリティ技術「量子暗号」の先頭を走っている|WIRED.jp 近ごろ、怖い話を耳にする。グーグルやIB...

エフセキュア、革新的リサーチプロジェクトを始動 集合知技術を活用し適応型自律AIモデルの作成を目指す:EnterpriseZine(エンタープライズジン)


 フィンランドのセキュリティ企業エフセキュアは2019年11月22日、同社の脅威検知、対応技術で現在使用されている分散型人工知能 (AI) メカニズムをさらに推進するため、新たなリサーチプロジェクト「Project Blackfin」の開始を発表した。
https://enterprisezine.jp/article/detail/12616
2019/11/27 13:00

日本の顧客に寄り添って30年、時代に応じた組込みOSのニーズをとらえてサービスを進化 – MONOist(モノイスト)


注目を集めるIoTやエッジコンピューティングで重要な役割を果たす組込みOSのベンダーとして知られるウインドリバー。日本法人の設立から30周年を迎えた同社は、今後どのようにデジタルトランスフォーメーションを加速化させていくのだろうか。
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1911/18/news009.html
2019/11/27 10:00

PlayAI ぷれあい|人工知能による文章自動作成機能を提供しています。
人工知能での文章作成が楽しめるサービスplayai/ぷれあい登場 GPT-2 1558モデルを使用した日本語文章作成ツールが登場した。 だれでも無料で文章の作成を楽しめることを目的にし...

AIとOCR連携の可能–AIで“くずし字”を判別に挑む – ZDNet Japan


光学式文字認識(OCR)は、画像内にある文字や数字をテキストデータとして読み取るための技術で、“テキスト認識”とも呼ばれる。今回は人工知能(AI)とOCRを連携させることにより考えられる可能性を考察する。
https://japan.zdnet.com/article/35145806/
2019/11/27 07:00

5G普及のカギは? 1年遅れの日本市場が「米国を上回る可能性アリ」のワケ アカマイ SVP&GM アダムス氏に聞く|ビジネス+IT


2020年の商用サービス開始を控えている5G技術は、その電波特性や基地局整備の課題から、当面はコンシューマより企業や事業者向けのカスタムネットワーク市場から立ち上がり、4Gとの混在が続くと見られている。この場合、IoT、エッジコンピューティング、同時多接続、そしてセキュリティがキートレンドとなるだろう。すでに商用サービスが始まっている米国の情報を交えて、日本の5G動向を考えてみたい。
https://www.sbbit.jp/article/cont1/37298?ref=rsspick
2019/11/27 06:14

セキュアール
URLの安全性を無料で診断。ウィルスや詐欺サイトチェックする無料サービス「Securl(セキュアール)」URLの安全性を無料で診断。ウィルスや詐欺サイトチェックする無料サービス「Securl(セキュアール)」をご紹介します。 URLの...

グーグル量子コンピューターは何を達成したのか 量子ゲート計算素子と演算装置の世代交代(1/6) | JBpress(Japan Business Press)


経営者層やマネジメント層など、日本の未来を創るビジネスリーダーのための総合メディア。国際情勢、最新ビジネス動向、イノベーションなどに関する深く本質的な論考を毎日更新。カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校に拠点を置くグーグルの量子コンピューター開発チームが「量子超越性(Quantum Supremacy)を実現した!」との報道が流れ、世界的に大きな反響がありました。(1/6)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58372
2019/11/27 06:00

極悪なのに「ファンシーベア」、五輪狙うサイバー集団名がかわいすぎる理由 | 日経 xTECH(クロステック)

 米マイクロソフトは、悪名高きサイバー攻撃者集団「ファンシーベア(Fancy Bear)」が2020年の東京オリンピック・パラリンピックを狙っているとして注意を呼びかけた。このファンシーベアという名前、一体どこから来ているのだろうか。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00676/111900033/
2019/11/27 05:00

【Day2/Day3詳細決定】日本初、IoTセキュリティ/クラウド関連団体、企業、大学が集結。セキュアな情報通信基盤確立とセキュリティ人材不足を徹底的に解き明かす──ジャパンセキュリティサミット2019 – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)


ジャパンセキュリティサミット2019が11月12日に開幕した。社会基盤を支えるサイバーセキュリティの重要性が増す中、ネットワークに繋がるIoTデバイスは爆発的に増大し、守るべきサイバーセキュリティの観点も多様化している。そこで、産官学それぞれの知恵を集約、整理することで日本から新たなトラストサービスおよびセキュリティ指針を発信していくことが、ジャパンセキュリティサミット開催の目的である
https://wirelesswire.jp/2019/11/72689/
2019/11/26 23:11