JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/09/24

Contents

バンダイナムコ研究所のAI研究開発エンジニア国際的コンペティションKaggleの「Halite」でGoldメダルを受賞:時事ドットコム

[株式会社バンダイナムコ研究所]~個人参加で1143チーム中、2位の成績で受賞~データ分析と機械学習の国際的なコンペティションプラットフォーム「Kaggle(カグル)」のシミュレーションコンテスト「Halite by Two Sigma」で、株式会社バンダイナムコ研究所の技術開発本部のAI(人工知能)研究開発エンジニア會田 翔がGold メダルを受賞しました。Kaggleでは、オンライン上で企業や政府機関などによるさまざまな課題のコンペティションが開催されており、世界中のデータサイエンティストが…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000018.000051334&g=prt
2020/09/24 21:16

機械学習ニュースヘッドライン 2020/05/19IoT・エッジデバイスへのAI展開を容易にする開発者キット - bp-A ニュース 全世界のIoTデバイス数は爆発的に増加している。...

Arm、「Arm Neoverse」の次世代ロードマップを公開 – 週刊BCN+

英Armは9月23日、クラウドからエッジまでをカバーするインフラストラクチャー基盤「Arm Neoverse」の次世代ロードマップを発表し、2つの新製品「Arm Neoverse V1」プラットフォームと、Nシリーズ・プラットフォームの第2世代にあたる「Arm Neoverse N2」の概要を初公開した。
https://www.weeklybcn.com/journal/news/detail/20200924_177040.html
2020/09/24 17:17

機械学習で紙おむつが変わる!日本触媒、高吸水性樹脂の機能向上 | マイナビニュース

機械学習で紙おむつが変わる!日本触媒、高吸水性樹脂の機能向上 | マイナビニュース
日本触媒は24日、機械学習を活用することで紙おむつに使われる高吸水性樹脂の機能向上に成功したことを発表した。
https://news.mynavi.jp/article/20200924-1333409/
2020/09/24 17:01

インターネットサービスプロバイダ(ISP)を毎月、大量の実測値で比較して発表しているギガファイルスピードレポートをご紹介 毎月7日更新にてファイル転送サービス・ギガファイル便の実測値によるプロバイダーの回線速度を比較しランキングにしています。 数百万人の...

アマゾンのエンジニアが創業した機械学習運用の透明性を高めるWhyLabs | TechCrunch Japan

Allen Institute(アレン・インスティテュート)からスピンアウトした、新しい機械学習(ML)スタートアップのWhyLabs(ホワイラブス)が、米国時間9月23日ステルス状態から抜け出した。
https://jp.techcrunch.com/2020/09/24/2020-09-23-whylabs-brings-more-transparancy-to-ml-ops/
2020/09/24 16:30

データサイエンスを駆使して高性能の高吸水性樹脂を開発:時事ドットコム

[株式会社日本触媒] 株式会社日本触媒(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:五嶋祐治朗、以下「日本触媒」)は、データサイエンスを駆使して、吸収量や吸収速度などの機能を従来比で10%以上高めた新しい高吸水性樹脂(SAP)の開発に成功しました。 高吸水性樹脂(SAP)は、主に紙おむつに使われます。紙おむつは、新興国では子供向け、先進国では大人向けを中心に、世界的に需要が拡大しています。紙おむつには、ドライ感、もれない、かぶれない、コンパクトである、などの性能が求められており、その性能実現にSAPが重…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000014.000054162&g=prt
2020/09/24 14:46

機械学習ニュースヘッドライン 2020/06/27モザイク画像の解像度を64倍にして限りなく高品質の画像を生み出す技術が開発される - GIGAZINE モザイクのかかった画像をモザ...

Adobe、PDFをスマホで読みやすく、Senseiを使って表示最適化「Liquid Mode」 | マイナビニュース

紙文書のサイズやPCのディスプレイ向けにレイアウトされた電子ドキュメントは画面が小さいモバイルデバイスでは読みにくい。Adobeは、Senseiテクノロジを用いてPDFをモバイルデバイスで読みやすいように再フォーマットして表示する「Liquid Mode」をAcrobat Readerアプリで提供し始めた。
https://news.mynavi.jp/article/20200924-1333205/
2020/09/24 13:58

日本を含むアジア太平洋地域全体のM&Aプロセスのデジタル化に遅れ Datasite「The New State of M&A:An APAC Perspective」レポートを発表:時事ドットコム

[Datasite Japan 株式会社]~AIなど新技術が期待されるする一方、既存のシステムとの統合が障壁に~グローバルでM&A(合併買収)専門家にSaaSプラットフォームを提供するDatasiteは、世界のビジネスリーダー向けに調査・コンテンツの情報源となっているEuromoney Thought Leadership Consultingと共同で、M&A市場動向最新レポート「The New State of M&A: An APAC Perspective」を公開いたします。アジア太平洋地…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000005.000056144&g=prt
2020/09/24 11:46

スマホでPDFを読みやすく自動で調整できる機能「Liquid Mode」をAdobeが発表 – GIGAZINE

スマホでPDFを読みやすく自動で調整できる機能「Liquid Mode」をAdobeが発表 - GIGAZINE
Adobeがドキュメント管理システムであるAcrobat Readerの新機能として「Liquid Mode」を発表しました。Liquid Modeは機械学習を用いて、デバイスの幅に合わせてPDFの文字改行や画像サイズを自動で調整できる機能で、スマートフォンやタブレットでPDFを読みやすくすることが可能になります。
https://gigazine.net/news/20200924-adobe-sensei-liquid-mode/
2020/09/24 11:25

アクティブコア、AI・人工知能オンライン見本市「Ledge.ai EXPO」に AIモデルの自動作成・運用『ピタゴラス AI クラウド』を10月16日まで出展中|ECのミカタ

AI/機械学習を活用し企業ビジネスを支援する株式会社アクティブコア (本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、2020年9月14日から10月16日まで、AI導入を検討中の企業のビジネスパーソンに向けたAI・人工知能オンライン見本市「Ledge.ai EXPO」(株式会社レッジ主催)に出展しています。 本EXPOは、企業展示ブースとウェビナーから構成されており、「AIが分かる、AIで変わる。」のテーマのとおり、ビジネスが発展するような様々なAIツールが出展されています。 アクティブコアの企業展示ブースでは、「ピタゴラス AI」のサービス説明や特長、さら | ECのミカタは、ネットショップ運営を支援するネットショップ専門のポータルサイトです。
https://ecnomikata.com/pr/27736/
2020/09/24 10:02

Roktが人工知能(AI)イノベーションを評価され、2020年マーテック・ブレークスルー賞を受賞:紀伊民報AGARA

AsiaNet 85727 (1665)【ニューヨーク2020年9月23日PR Newswire=共同通信JBN】*権威ある年次アワードプログラムが15カ国以上からの2750件の候補からRoktを世界…
https://www.agara.co.jp/article/82262
2020/09/24 09:00

世界8カ国2259人の調査で見えた、「データの時代」の課題と解決策 |ビジネス+IT

世界8カ国2259人の調査で見えた、「データの時代」の課題と解決策 |ビジネス+IT
5G、エッジコンピューティング、ブロックチェーン、AR/VR、AI/機械学習、IoT──これら6つのテクノロジーはデータの増加に拍車をかけ、「Data Age」(データの時代)が到来したといえる。企業は、これらすべてのデータを可視化し、リアルタイムで取得したインサイトに基づき、迅速に行動を起こす必要がある。しかし、多くの企業はデータの重要性を理解しながらも、さまざまな理由により活用できないでいる。本書は、世界8カ国2259人のITマネージャーとビジネスマネージャー、経営層に調査を実施。その分析により得られた企業が直面する課題に対し、どのように取り組むべきか説明する。
https://www.sbbit.jp/document/Item/16461
2020/09/24 08:41

富士通研究所、顔写真などによる「なりすまし」を防止する技術を開発 – ZDNet Japan

富士通研究所、顔写真などによる「なりすまし」を防止する技術を開発 - ZDNet Japan
富士通研究所は、他人になりすます不正行為を一般的なカメラで検知できる顔偽造物判定技術を開発した。
https://japan.zdnet.com/article/35159900/
2020/09/24 06:00

“AI記者”を実現する「NLG」(自然言語生成)の実力とは?:コンテンツ制作におけるAI活用【前編】 – TechTargetジャパン データ分析

“AI記者”を実現する「NLG」(自然言語生成)の実力とは?:コンテンツ制作におけるAI活用【前編】 - TechTargetジャパン データ分析
AI(人工知能)技術を利用してテキストコンテンツ制作を支援する「NLG」(自然言語生成)。その効果とは、どのようなものなのか。
https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2009/24/news08.html
2020/09/24 05:00

PythonでAI開発、scikit-learnとpandasでデータを読み込んでみよう | 日経クロステック(xTECH)

 今回から、乳がんの判定に関するモデルの構築を題材に、PythonでのAI開発の方法を見ていきましょう。医学の場合、最終的な病気の診断は、あくまで医者が行うものですが、このようなモデルがあれば医者は自分の診断の正しさを確認できます。これも、機械学習モデルとしての意味のある利用形態です。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01408/082600002/
2020/09/24 05:00

Arm、クラウド・エッジ間インフラストラクチャ基盤「Arm Neoverse」の次世代ロードマップを公開 | IoT NEWS

Arm、クラウド・エッジ間インフラストラクチャ基盤「Arm Neoverse」の次世代ロードマップを公開 | IoT NEWS
昨今、インフラストラクチャ分野におけるコンピューティングに新たなアプローチが求められている。 そのよ…
https://iotnews.jp/archives/158837
2020/09/24 01:20

製造市場2020-2026の機械学習:Microsoft Corporation、Funac、Dell Inc.、NVIDIA、IBM Corporation、Kuka、Siemens、Google – securetpnews

市場洞察レポートは、と題し、リポジトリに新しい統計データの入手性を発表した製造業の市場に機械学習。それは、次のパラメーターの歴史的および未来的な視点で市場成長分析を伴う業界の概要を提供します。コスト、収益、需要、および供給データ(該当する場合)。さらに、レポートは、業界のパフォーマンスを推進するのに
https://securetpnews.info/2020/09/23/%E8%A3%BD%E9%80%A0%E5%B8%82%E5%A0%B42020-2026%E3%81%AE%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92%EF%BC%9Amicrosoft-corporation%E3%80%81funac%E3%80%81dell-inc-%E3%80%81nvidia%E3%80%81ibm-corporation%E3%80%81/
2020/09/24 03:03