JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/08/17

Contents

【無料・600名】課題解決を通してAIの社会実装スキルを学ぶ無料のプログラム「AI Quest」が募集開始 | AI専門ニュースメディア AINOW

【無料・600名】課題解決を通してAIの社会実装スキルを学ぶ無料のプログラム「AI Quest」が募集開始 | AI専門ニュースメディア AINOW
データサイエンスコンペのプラットフォーム展開などを行う株式会社SIGNATEは、参加者同士が学び合い、AI活用を通した企業の課題解決方法を身につけるプログラム「AI Quest」の募集受付を開始しました。
https://ainow.ai/2020/08/17/227241/
2020/08/17 18:58

機械学習ニュースヘッドライン 2020/06/26AI英会話アプリでAIがユーザーに合わせた学習計画を組み上げる「カリキュラム」機能がローンチ (2020年6月26日) - エキサイトニ...

ZMP、自動運転AI開発用ロボットカー最新機種の受注開始 NVIDIA製 Jetson AGX Xavierを採用 | レスポンス(Response.jp)

ZMPは、自動運転AI開発用ロボットカー「RoboCar 1/10X」の受注を8月17日より開始した。
https://response.jp/article/2020/08/17/337530.html
2020/08/17 18:45

エンタープライズデータ管理市場へのCOVID-19の影響によるビジネス分析の予測 – Movie bank online

エンタープライズデータ管理市場へのCOVID-19の影響によるビジネス分析の予測 – Movie bank online
Research Diveによる最近のレポートによると、グローバルな企業データ管理市場は、2018年の6230万ドルから増加し、2026年までに1,269億ドルの収益を生み出し、予測期間にわたって9.3%のCAGRで成長すると予測されています。包括的なレポートは、市場のダイナミクス、成長と抑制要因、
http://www.moviebankonline.jp/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E7%AE%A1%E7%90%86%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%B8%E3%81%AEcovid-19%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E3%81%AB/
2020/08/17 18:09

インターネットサービスプロバイダ(ISP)を毎月、大量の実測値で比較して発表しているギガファイルスピードレポートをご紹介 毎月7日更新にてファイル転送サービス・ギガファイル便の実測値によるプロバイダーの回線速度を比較しランキングにしています。 数百万人の...

データサイエンスコミュニティのCOVID-19パンデミックへの対応

データサイエンスコミュニティは、COVID-19パンデミックへの勢いに反応しており、データ指向の観点からの多数の記事を提供している。そして、データへのアクセスを提供し、世界中の産業界、学界、政府機関を横断して危機に対処するためにML技術を利用する、公式の活動と草の根的な活動の両方の取り組みをしている。
https://www.infoq.com/jp/news/2020/08/data-science-covid-19/
2020/08/17 17:59

Google、虹彩追跡のための機械学習モデル「MediaPipe Iris」を公開:コンピュータによる写真撮影やARエフェクト、ユーザビリティ向上などに利用可能 – @IT

Googleは、虹彩の追跡によって目の位置の推定を正確に行うための機械学習モデル「MediaPipe Iris」を公開した。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2008/17/news096.html
2020/08/17 16:15

PlayAI ぷれあい|人工知能による文章自動作成機能を提供しています。
人工知能での文章作成が楽しめるサービスplayai/ぷれあい登場 GPT-2 1558モデルを使用した日本語文章作成ツールが登場した。 だれでも無料で文章の作成を楽しめることを目的にし...

ロイヤルティマネジメント市場はすべて2023年にさらに成長し、69億5500万ドルに達すると報告 – Movie bank online

ロイヤルティマネージメント市場レポートの目的は、予測年にわたるロイヤルティマネージメント業界のトレンドと今後の動向を示すことです。ロイヤルティマネージメントマーケットのレポートデータは、業界の専門家/専門家から収集されています。ただし、市場の市場規模は調査され、2016年から2023年まで予測されて
http://www.moviebankonline.jp/%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AF%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A62023%E5%B9%B4%E3%81%AB%E3%81%95/
2020/08/17 14:49

JavaScriptとWeb開発 InfoQ トレンドレポート 2020

今月は、急速に変化する業界で頻繁な更新が必要なJavaScriptとWeb開発分野のトレンドに注目します。
https://www.infoq.com/jp/articles/javascript-web-development-trends-2020/
2020/08/17 16:04

Linux Foundation、Grillo、IBM、新たな地震早期警報オープンソースプロジェクトを発表:時事ドットコム

[The Linux Foundation Japan]GrilloのIoTベース地震早期警報システム「OpenEEW」をオープンソース化、低コストでコミュニティ主導のプロジェクトの設立を促進オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体である Linux Foundation は 8月11日 (現地時間)、世界各地の地震対策のための地震早期警報システム (earthquake early-warning systems : EEWs) の標準化と導入を加速させるために、I…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000117.000042042&g=prt
2020/08/17 13:46

東京大学,AMED,「脳画像データの機械学習による統合失調症,発達障害の判別手法」を開発

東京大学大学院総合文化研究科附属進化認知科学研究センター・小池進介准教授,東京大学医学部附属病院精神神経科・笠井清登教授,浜松医科大学医学部精神医学講座・山末英典教授(前東京大学医学部附属病院精神神経科准教授)らの研究グループは,慢性期統合失調症,発達障害,および健常対照の方から計測された磁気共鳴画像(MRI)の脳構造データを用いて機械学習を行い,疾患群同士でも70%以上を判別可能な機械学習器を開発した。
https://www.innervision.co.jp/sp/products/release/20200932
2020/08/17 14:35

広島大とNTTデータ、組み合せ最適化問題での高速計算方式を開発 – ZDNet Japan

広島大学大学院とNTTデータは、組み合せ最適化問題の解を高速に探索する新たな計算方式「アダプティブ・バルク・サーチ」を発表した。
https://japan.zdnet.com/article/35158232/
2020/08/17 12:57

【8/22 19時より】博多の伝統文化体験!「筑前琵琶」演奏をBuzzVideoで初の無料配信:時事ドットコム

[ByteDance株式会社 BuzzVideoチーム]ショートビデオアプリ「BuzzVideo」と一般社団法人伝統文化デジタル協議会(福岡県福岡市、代表:平井みどり)は、筑前琵琶保存会(福岡県福岡市、会主:寺田蝶美)が開催する演奏会「筑前琵琶・博多もよう」を8月22日(土)19時からBuzzVideoアプリで無料配信いたします。本イベントは、BuzzVideoのCSR活動(※)の一環として実施し、BuzzVideoはアプリ内で本件の宣伝に協力する他、視聴人数に応じた支援金を、筑前琵琶文化継承の…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000016.000046736&g=prt
2020/08/17 12:46

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/08/17更新】 | AI専門ニュースメディア AINOW

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/08/17更新】 | AI専門ニュースメディア AINOW
先週(2020年08月10日~2020年08月16日)のランキング いいね数TOP20 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 AINOWのTwitterアカウント AINOWもTwitterで発信しています!
https://ainow.ai/2020/08/17/227174/
2020/08/17 09:37

リクルートのAI研究機関が、高速・高精度な日本語の解析を実現する日本語自然言語処理ライブラリ「GiNZA version 4.0」を公開 – CNET Japan

リクルートのAI研究機関が、高速・高精度な日本語の解析を実現する日本語自然言語処理ライブラリ「GiNZA version 4.0」を公開
https://japan.cnet.com/release/30468104/
2020/08/17 11:00

複数写真から自由視点画像を生成 Googleなど「NeRF」開発 – ITmedia NEWS

複数写真から自由視点画像を生成 Googleなど「NeRF」開発 - ITmedia NEWS
3D処理を機械学習で行い、実用に足る視点移動が可能。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/17/news065.html
2020/08/17 09:32

前編 Machine Learningチームのミッション,推薦システム「Smart Channel」の開発事例:「1日5億件のトラフィック」膨大なデータを活かして機械学習で事業に貢献するLINEのMachine Learningチーム開発裏側に迫る|gihyo.jp … 技術評論社

LINEのDSEセンター傘下にある,機械学習を活用したサービス開発を担うMachine Learning1チームマネージャー菊地悠氏に,LINEが取り組む機械学習サービス開発について,オンラインインタビューを行いました。
https://gihyo.jp/news/interview/01/lineml2020/0001
2020/08/17 09:22

エンタープライズ人工知能(AI)市場2020年から2025年までの最新の技術進歩、成長と開発分析 – Movie bank online

グローバルエンタープライズ人工知能(AI)に関する市場調査レポート2020の最新の業界調査レポート2020年の市場状況と世界的な競争状況の詳細な分析。 エンタープライズ人工知能(AI)の市場報告書は、市場規模、シェア、動向、成長、コスト構造、グローバルな市場競争の風景、市場ドライバ、課題や機会、能力
http://www.moviebankonline.jp/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD%EF%BC%88ai%EF%BC%89%E5%B8%82%E5%A0%B42020%E5%B9%B4%E3%81%8B%E3%82%892025%E5%B9%B4%E3%81%BE/
2020/08/17 08:51

鈴与シンワート株式会社:災害救援のための、機械学習ベースの被害評価 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)

野田貴子氏による海外AI意訳コラム「災害救援のための、機械学習ベースの被害評価」が鈴与シンワートで掲載されました。興味がある方はご覧ください。— 地震やハリケーン、洪水などの自然災害は広大な土地と数百万の人々に影響を及ぼしますが、このような災害への対応が物流面での大きな課題になっています。政府、NGO、国連…
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_15069922/
2020/08/17 08:02

災害救援のための、機械学習ベースの被害評価 – CNET Japan

災害救援のための、機械学習ベースの被害評価
https://japan.cnet.com/release/30467887/
2020/08/17 08:00

AWS×PwC対談–Amazonはなぜ連続的なイノベーションが実現できるのか? – ZDNet Japan

新型コロナウイルス感染症による不確実性が一層高まる状況下において、成功を収める企業の条件とは何だろうか。今回は、PwC JapanグループのアライアンスパートナーのAWSとの対談を通じて解き明かしていく。
https://japan.zdnet.com/article/35158142/
2020/08/17 07:00

少量データでエッジAI、京都ベンチャーが悩める技術者をお助け | 日経クロステック(xTECH)

 「うちもAIで何かできないか」と経営層や上司に言われて、苦しんでいる産業分野のエンジニアは少なくない。例えば、「AIを使って生産ラインの不具合を事前に検知・解析し、工場全体の稼働率を上げられないか」、といった指令が出る。いろいろ試すものの、袋小路に迷い込み、エンジニアは頭をかかえて身動きがとれない。こうした悩めるエンジニアを救おうと、独自のAI(人工知能)システムの開発を進めているのが京都のAIベンチャー企業「HACARUS」である。少量のデータの学習で実用的なAIを生み出す技術に優れる。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/04427/?i_cid=nbpnxt_pgmn_topit
2020/08/17 05:00