JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/07/20

Contents

Aidemy Premium Plan、Microsoft Azureを活用したデータサイエンス講座「クラウドAI開発コース」を提供開始:時事ドットコム


[株式会社アイデミー]~現場で活躍できるAIエンジニアに最短距離で到達~AIに関する人材育成から実運用まで一気通貫で支援する株式会社アイデミー(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO石川聡彦)が提供するAI特化オンラインプログラミングスクール「Aidemy Premium Plan」は新たに、日本マイクロソフト株式会社(以下日本マイクロソフト)協力の元、マイクロソフト株式会社が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用したデータサイエンス講座「クラウドAI開発コース…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000136.000028316&g=prt
2020/07/20 18:41

5つの機能でその投稿・ハッシュタグをいますぐチェック! インスタグラムの注目獲得とフォロワー増加が無料で行えます。
インスタグラムの集客・マーケティングなら「インスタツール」におまかせ!今回は、インスタグラムの集客・マーケティングを効率よく無料で行えるツールを提供する「インスタツール」をご紹介します。 https://...

山口大学とエクサウィザーズが医療AI活用のための共創事業を開始 | Techable(テッカブル)


株式会社エクサウィザーズと国立大学法人山口大学は、データサイエンスの技術を用いて診療現場の課題解決することを目指し、医療AI活用のための包括的な共創事業を開始したことを発表した。 高まる医療現場へのAI活用へのニーズ 高…
https://techable.jp/archives/132057
2020/07/20 17:54

AWSがAmazon CodeGuruの一般提供発表


最近AWSは、機械学習を利用した開発者向けツールであるAmazon CodeGuruの一般提供を発表した。 コードの品質を改善し、アプリケーションの最も高価なコード行を識別するためのインテリジェントなリコメンドを提供する。
https://www.infoq.com/jp/news/2020/07/aws-amazon-codeguru-ga/
2020/07/20 16:25

機械学習ニュースヘッドライン 2019/12/01パナソニック、AIエンジニア育成最前線--「DAICC」コンセプトでAIを使いこなす - CNET Japan パナソニックがビジネ...

Google、光海底ケーブルを活用して2000km離れた場所の地震検知に成功 将来は津波の検知にも応用可能 (1/2) – ITmedia NEWS


光海底ケーブルの思わぬ副産物が、将来、地震や津波の被害を軽減してくれるかもしれない。 (1/2)
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2007/20/news094.html
2020/07/20 15:22

スマホで簡単! AI機能で叶える「イマドキの生活様式」 | ニコニコニュース


中部電力ミライズ株式会社は20日、現在展開しているサービス、スマートリモコン「ここリモ」に新機能エアコンの「AI(機械学習)機能」を搭載した。 「ここリモ」は、今使用しているエアコン・テレビ・照明をスマホアプリで「遠隔操作」「スケジュ…
https://news.nicovideo.jp/watch/nw7689854
2020/07/20 15:42

7万超のサイトの集計からテキスト数と検索順位の関係さぐる「Preakプリーク」もともと検索順位上の競合サイトの文字数をいっきに調べるツールとして公開したものが、 使うに使われて、データが蓄積。7万超のサイトに。 ...

MIT Tech Review: 国産衛星プラットフォームが「データの流通」で目指す新市場の創造


日本国内の政府や企業が保有する人工衛星データを集約し、より手軽にビジネスに利用できるようにしたプラットフォーム「テルース(Tellus)」が進化した。目玉は、データやアプリを取引できる「マーケット」だ。
https://www.technologyreview.jp/s/213682/can-the-new-platform-expand-its-satellite-data-market/
2020/07/20 14:43

コンピュータービジョン市場2020〜2027におけるAI | Allied Vision Technologies GmbH、Basler AG、Cognex Corporation、General Electric、Intel Corporation、Microsoft Corporation、NVIDIA Corporation、Qualcomm Technologies、Inc.、Teledyne Technologies、Inc.、Xilinx – Movie bank online


さまざまなビジネス分野での人工知能の採用の増加、モバイルエッジコンピューティングの需要の増加、電子機器の使用の増加は、コンピュータービジョン市場におけるAIの成長に貢献しています。さらに、マシンビジョンにおけるAIの影響の増大、ビデオおよび画像分析アプリケーションにおけるAIの採用の増加も、コンピュ
http://www.moviebankonline.jp/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B42020%E3%80%9C2027%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8Bai-allied-vision-technologie/
2020/07/20 14:04

小学生むけ教育系YouTube「YUTVゆうっき~とパパっき~」(慣用句について)の動画配信を開始:弊社理事長の戸村智憲と子息にて弊社の東京Yスタジオ収録動画【日本マネジメント総合研究所合同会社】:紀伊民報AGARA


報道機関各位2020年7月20日日本マネジメント総合研究所合同会社 この度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の災禍をはじめ、台風/豪雨災害・各種震災など各地の災害等で、国籍等に関わらず感染…
https://www.agara.co.jp/article/71609
2020/07/20 13:48

AIで医療ミスの低減を目指すActiv Surgical、約16億円を調達 – ZDNet Japan


外科医療を支援する人工知能を開発するActiv Surgicalが、1500万ドル(約16億円)を調達した。
https://japan.zdnet.com/article/35157005/
2020/07/20 12:02

ミドル世代のデジタル消費、就寝前「ひとり時間」が決め手:「 BuzzVideo ユーザー白書 」から | DIGIDAY[日本版]


TikTok For Business Japan が5月に公開した「BuzzVideo ユーザー白書」によると、ミドル世代の男性はデジタル購買力において大きなポテンシャルを秘めているという。オンライン消費が加速するなか、今後さらに注目されることが考えられるのだそうだ。
https://digiday.jp/platforms/buzzvideo-user-white-paper/
2020/07/20 11:00

店舗比較サイトのオトコロドットコムが1.5億円の資金調達 | TechCrunch Japan


店舗比較サイト「オトコロドットコム」運営のオトコロドットコムは7月20日、プレシリーズ Aラウンドにおいて、第三者割当増資として1.5億円の資金調達を実施した。引受先はニッセイ・キャピタル。設立から約1年3ヵ月での累計調達額は2億円。
https://jp.techcrunch.com/2020/07/20/otokoro/
2020/07/20 10:01

NVIDIA NGC-Ready認定 推論用エッジコンピューティングデバイス「Inference BOX」を7月20日より販売開始 – CNET Japan


NVIDIA NGC-Ready認定 推論用エッジコンピューティングデバイス「Inference BOX」を7月20日より販売開始
https://japan.cnet.com/release/30461551/
2020/07/20 10:00

VMware 海外動向 > 第56回 vSphere Bitfusionのお知らせ ~AI・機械学習ワークロード向けのエラスティックインフラ~ – ZDNet Japan


ZDNet Japanは、CIOの課題を解決するオンラインメディアです。CIOや企業の情報システム部門に向けて、ITを活用した課題解決や価値創造のヒントを提供します。
https://japan.zdnet.com/release/30459693/
2020/07/20 09:00

GPT-3のバイアスはどのようなものなのか? | AI専門ニュースメディア AINOW


AINOW翻訳記事『GPT-3のバイアスはどのようなものなのか?』では、GPT-3に内在するバイアスが解説されています。1750億ものパラメータをもつGPT-3は汎用性とヒューマンライクな文章生成能力を実現しました。しかし、大規模な英語の学習データを使っているために、現実の英語に含まれるバイアスが反映されています。
https://ainow.ai/2020/07/20/224713/
2020/07/20 07:01

製造業の「Closed-Loopのデジタルツイン」を実現する ーシーメンス 泉氏 | IoT NEWS


2020年7月16日、ウイングアーク1st株式会社のウェビナー「生産デジタルツインの現実解 ~目指す…
https://iotnews.jp/archives/156683
2020/07/20 07:00