JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/07/08

Contents

成層圏を飛ぶ気球からインターネット環境を提供する「Project Loon」がケニアの山岳地帯で商業展開を開始 – GIGAZINE


Googleの親会社であるAlphabet傘下のLoonは、成層圏に飛ばした気球でへき地にもインターネットを提供する「Project Loon」を推進しており、長年にわたって災害地での運用などの試験を行ってきました。そして2020年7月、ついにProject Loonの商業展開をケニアで開始したと、Loonのアラステア・ウェストガースCEOが発表しました。
https://gigazine.net/news/20200708-loon-balloons-commercial-internet-service/
2020/07/08 22:27

機械学習ニュースヘッドライン 2020/04/14ドコモ、AIや機械学習を活用した法人向け健康経営支援サービス「dヘルスケア for Biz」を提供開始 | IoT NEWS 株式会...

ハトラ 2020-21年秋冬コレクション – “架空の鳥”に思う生の形と未来 | 財経新聞

ハトラ(HATRA)は、2020-21年秋冬コレクションを発表した。
https://www.zaikei.co.jp/article/20200708/575129.html
2020/07/08 20:29

MIT Tech Review: 新型コロナと戦う市井の科学者・技術者たちが見た「新しい協働」


新型コロナウイルスのパンデミックでは、さまざまなスキルを持つ科学者や技術者たちによる自主的な活動が世界中で広がっている。ボランティアが必ずしもすべてうまく機能するわけではないが、参加者は自らのスキルを生かす新たな協働のあり方を実感しつつある。
https://www.technologyreview.jp/s/204346/the-scientists-and-technologists-who-dropped-everything-to-fight-covid-19/
2020/07/08 17:20

機械学習ニュースヘッドライン 2019/11/162020年代。テクノロジーと社会、生活はどう変わる? | ギズモード・ジャパン キャンピングカーでノマド生活が若者の標準になる、のか...

手話をリアルタイムで言葉に翻訳 米カリフォルニア大学が「手袋翻訳デバイス」を開発 | Webマガジン「AXIS」 | デザインのWebメディア


▲画像提供:Jun Chen Lab/UCLA米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究チームは、スマートフォンのアプリを使ってリアルタイムでアメリカ手話を英語の声に翻訳できる、手袋形の翻訳デバイスを開発した。▲画像提供:Jun Chen Lab/UCLAこのデバイスには1組の…
https://www.axismag.jp/posts/2020/07/241864.html
2020/07/08 16:25

【セキュリティ ニュース】GRCプラットフォームの新板を提供 – デルテクノロジーズ(1ページ目 / 全1ページ):Security NEXT

デルとEMCジャパンは、リスク管理製品の新版「RSA Archer Suite 6.8」を提供開始した。:Security NEXT
http://www.security-next.com/116422
2020/07/08 15:04

インターネットサービスプロバイダ(ISP)を毎月、大量の実測値で比較して発表しているギガファイルスピードレポートをご紹介 毎月7日更新にてファイル転送サービス・ギガファイル便の実測値によるプロバイダーの回線速度を比較しランキングにしています。 数百万人の...

dotData、AIモデルをコンテナー化する「dotData Stream」を提供 – ZDNet Japan


dotDataは7月8日、AI/ML(人工知能/機械学習)モデルをコンテナー化してリアルタイム予測を実行する「dotData Stream」の提供を開始した。
https://japan.zdnet.com/article/35156457/
2020/07/08 13:47

ドローンセンサー市場、シェア、アプリケーション分析、地域の展望、競争戦略、2027年までの予測 – Movie bank online

ドローンは、交通管理、農業、国土安全保障など、いくつかのビジネスセグメントで役立ちます。ドローンは、リアルタイムデータと高精度のキャプチャをサポートしています。ドローンの主な用途には、リアルタイムの監視、作物の健康の監視、交通の監視、商品の配達などがあります。 商業用、民生用およびアプリケーション用
http://www.moviebankonline.jp/%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%80%81%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%80%81%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7/
2020/07/08 11:33

CSPセントラル警備保障の自律移動型警備ロボット向けAI物体検出システム受託開発のお知らせ:時事ドットコム


[グローバルウォーカーズ株式会社]機械学習・画像処理技術を駆使したシステムの研究・開発とAI教師データ作成プラットフォームの運営を行うグローバルウォーカーズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森川和正)は、弊社のAI技術とセントラル警備保障株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役執行役員社長:澤本尚志、以下CSP)のノウハウを組み合わせ、自律移動する警備ロボット(以下、本警備ロボット)向けのAI物体検出システムを受託開発したことをお知らせいたします。■ CSP警備ロボット向けAI物体検…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000015.000027037&g=prt
2020/07/08 12:41

教師なし学習・数学的アプローチで検知―「Interset UEBA」で実現する、内部脅威対策 (1/3):EnterpriseZine(エンタープライズジン)

 雇用の流動化やリモートワークの導入を背景に、内部不正による情報漏洩のリスクが高まっている。内部脅威を防ぐために、組織内のPCやシステムの操作ログを分析するツールとしてSecurity Information and Event Management(セキュリティ情報イベント管理、以下SIEM)を導入する企業も多いが、それだけでは検出が難しい場合もある。Micro Focusの「Interset UEBA」(以下Interset)は、教師なし学習によってユーザーの行動を分析し、異常を検知するソリューション。SIEMと併せて利用することで、セキュリティチームの生産性向上を実現できるという。Intersetの特徴について、マイクロフォーカスエンタープライズの担当者に聞いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/13139
2020/07/08 11:00

TinyMLの簡素化に取り組む米スタートアップ (1/2) – EE Times Japan


筆者は最近、TinyML(スマートフォンでも動作可能なほど低消費電力の機械学習)関連の動向について取り上げることが増え、その中でEdge Impulseの名前が頻繁に登場するということに気付いた。Edge Impulseはどのような企業なのか。 (1/2)
https://eetimes.jp/ee/articles/2007/08/news077.html
2020/07/08 11:30

Javaに欠けている機能:5年後


Ben Evans氏が2015年のJavaに欠けている機能についての見解を再訪し、当時の見解と比較して言語がどのように進化してきたかを比較している。
https://www.infoq.com/jp/articles/java-missing-features-5years/
2020/07/08 10:52

パンデミックの影響で「事務作業の自動化」が加速している | WIRED.jp


パンデミックの影響で、「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」と呼ばれる自動化が加速している。コロナ禍でコストカットを求められている企業も、急な需要増で対応に追われる企業も、ソフトウェアロボットによる効率化に目を向け始めた。パンデミック後も残ると思われるこの傾向は、雇用のあり方にも影響を残すかもしれない。
https://wired.jp/2020/07/08/pandemic-propelling-new-wave-automation/
2020/07/08 08:00

クローズアップ:コロナ薬論文撤回 研究データ不正、波紋 – 毎日新聞

 新型コロナウイルス感染症の治療に関わる研究で、一流医学誌を舞台にした研究不正疑惑が波紋を広げている。米国のトランプ大統領をも巻き込み、国際的に大きな注目を集めた研究のデータは、実在すら怪しまれる事態となっている。繰り返される不正を防ぐ手立てはあるのか。【八田浩輔(ブリュッセル)、渡辺諒】
https://mainichi.jp/articles/20200708/ddm/003/040/094000c
2020/07/08 02:13

人工知能はムーアの法則の何十倍も早いペースで成長している – GIGAZINE

ムーアの法則は本来「集積回路上のトランジスタ数が1.5年ごとに2倍になる」という傾向を指した法則です。このムーアの法則の5倍から100倍のペースで人工知能(AI)は進歩していると、GeForce Experienceの立ち上げに携わった元NVIDIAのエンジニアであるジェームス・ワン氏が報告しています。
https://gigazine.net/news/20200707-ai-training-cost-moores-law/
2020/07/07 23:12

ドイツ銀がグーグルとクラウド分野で戦略協業 | FBC

独銀最大手のドイツ銀行は7日、米IT大手グーグルと戦略協業することで基本合意したと発表した。グーグルのクラウドサービスを利用するほか、ITベースの次世代金融商品を共同開発していく。今後数カ月で本契約を結ぶ見通しだ。
https://fbc.de/scp-02070720/
2020/07/08 00:53