JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2019/11/15

Contents

業界を混乱から救うため、リサイクルロボット企業が17億円を調達 | TechCrunch Japan


投資家たちがデンバーに拠点を置くAMP Roboticsによって開発されたリサイクルロボットに1600万ドル(約17億円)という資金を注ぎ込んだことで、ゴミの山から宝を掘り出す問題は、ハイテクなソリューションをみつけつつあるようだ。
https://jp.techcrunch.com/2019/11/15/2019-11-14-recycling-robots-raise-millions-from-top-venture-firms-to-rescue-an-industry-in-turmoil/
2019/11/15 19:03

機械学習ニュースヘッドライン 2020/05/12ジェスチャーだけで触れずにスマホを操作できる布。マイクロソフトリサーチが開発 | ギズモード・ジャパン 数カ所に縫い込めばコントロー...

メルカリで越境ECが可能に!連携で海外サポートを強化|ECのミカタ


今回の提携では、「メルカリ」とBEENOSの有するBuyeeがシステム連携することで、海外発送における各種サポートを実現、海外発送を可能とする。 BuyeeのWEBサイト内に「メルカリ」の海外向け販売ページを開設し、サイト内では、日本語、英語、中国語から表示言語を選択することができる。 加えて、海外では主流のPayPal、Alipayや銀聯クレジットカードなどの決済方法を利用することも可能となる。 Buyeeは海外のユーザーから注文を受けた商品を「メルカリ」で代理購入し、Buyeeの国内倉庫に届いた商品を検品、梱包した後に海外へ発送。 また、海外発送手続きや日本語・英語 | ECのミカタは、ネットショップ運営を支援するネットショップ専門のポータルサイトです。
https://ecnomikata.com/ecnews/24265/
2019/11/15 18:06

BEENOSとメルカリが業務提携|ベンチャータイムス


BEENOS株式会社(東証一部:3328、以下BEENOS)は株式会社メルカリ(マザーズ:4385、以下メルカリ)と業務提携し、「メルカリ」で出品された商品が世界100以上の国・地域のお客さまに11月15日より販売可能となった。メルカリの海外販路拡大にあたり、BEENOSの完全子会社が運営する越境ECサポートの代理購入サービス「Buyee」(https://buyee.jp/)が翻訳、海外発送、お問合せ対応などをサポートする。「メルカリ」の国内出品者は特別な対応をすることなく販売機会の拡大が見込まれると言う。1)業務提携の背景「メルカリ」では、Web版「メルカリ」への海外アクセス数が2017年から約6倍に増加するなど、海外のお客さまからの潜在的な購買ニーズと越境EC市場の有する潜在的市場規模がわかっている。また、メルカリの「新たな価値を…
https://venturetimes.jp/venture-news/it/48473.html
2019/11/15 17:19

インターネットサービスプロバイダ(ISP)を毎月、大量の実測値で比較して発表しているギガファイルスピードレポートをご紹介 毎月7日更新にてファイル転送サービス・ギガファイル便の実測値によるプロバイダーの回線速度を比較しランキングにしています。 数百万人の...

【株式会社digzyme】「東工大発ベンチャー」の称号を取得:時事ドットコム


[株式会社digzyme]あらゆる有用化合物にバイオ生産という選択肢を株式会社digzyme(代表取締役:渡来 直生)は、「東工大発ベンチャー」の称号を取得しました。同時に、サービスの提供のお知らせをいたします。バイオインフォマティクス技術により、あらゆる有用化合物のバイオ生産の実現を目指す株式会社digzymeは、2019年9月26日に「東工大発ベンチャー」の称号を取得し、2019年11月13日に授賞式が行われました。本称号は、国立大学法人東京工業大学の研究成果又は人的資源を活用して起業された…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000002.000050097&g=prt
2019/11/15 17:05

人が歩く方向、床の振動で推定 的中率83% オンキヨーなど実験 – ITmedia NEWS


人が歩くときに発生する、床への微弱な振動のみで、人が歩く方向を推定する──オンキヨーなどが、そんな研究成果を発表した。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/15/news087.html
2019/11/15 15:24

PlayAI ぷれあい|人工知能による文章自動作成機能を提供しています。
人工知能での文章作成が楽しめるサービスplayai/ぷれあい登場 GPT-2 1558モデルを使用した日本語文章作成ツールが登場した。 だれでも無料で文章の作成を楽しめることを目的にし...

オンキヨー、振動(音)を利用した人の行動認識技術の開発と論文発表のお知らせ:時事ドットコム


[オンキヨー&パイオニア株式会社]~奈良先端科学技術大学院大学との産学共同研究を実施~オンキヨー株式会社は、国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学(奈良県生駒市、学長:横矢 直和、以下「NAIST」といいます。)との間で産学連携した共同研究に関する協定の締結を行い、AIを活用した新事業の創出に向けて技術開発に取り組んでまいりました。この度、NAISTユビキタスコンピューティングシステム研究室との共同研究にて行った、人が歩行する際に発する床への微弱な振動のみで、人の歩行方向を推定するという研究の成…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000185.000013593&g=prt
2019/11/15 15:05

新たな技術の普及は金融政策にとっての課題=カナダ中銀総裁 – ロイター


カナダ銀行(中央銀行)のポロズ総裁は14日、新たな技術の普及によって中央銀行の金融政策運営は困難になっているとの見解を示す一方、潜在的な生産を高める可能性も指摘した。
https://jp.reuters.com/article/canada-cenbank-idJPL4N27V1N6
2019/11/15 14:39

「AWS Data Exchange」リリース–サードパーティーデータをAWSで容易に利用可能に – ZDNet Japan


AWSは、サードパーティーのデータをクラウドで簡単に利用できるサービス「AWS Data Exchange」をリリースした。
https://japan.zdnet.com/article/35145451/
2019/11/15 15:00

「Arm Tech Symposia 2019」開催のご案内:時事ドットコム


[アーム株式会社]AIやIoT、自動運転を支える、最新のArmテクノロジーを一挙にご紹介アーム株式会社は2019年12月6日(金)、国内最大規模のArm関連テクノロジー・カンファレンス「Arm Tech Symposia 2019」を東京コンファレンスセンター・品川(東京都港区)で開催します。AI/機械学習やIoT、オートモーティブ、セキュリティをはじめ、さまざまな領域におけるArmの最新情報をお伝えするとともに、日本の主要パートナー企業が集結し、国内のお客様向けに最新のArm関連技術・ソリュー…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000081.000022759&g=prt
2019/11/15 13:45

モバイルアプリ版Google検索で英単語の発音練習が可能に – Engadget 日本版


英単語の意味を調べたり、その発音を確認したりするのにGoogle翻訳を使っている人は多いと思いますが、それに加えて、自分の発音チェックも可能になります。 Googleは11月14日(現地時間)、モバイル版のGoogleアプリで英単語を検索した際に、発音練習が行える機能を追加しました。ただし、利用できるのは米国の英語…
https://japanese.engadget.com/2019/11/14/google/
2019/11/15 13:00

NTTコムウェア、AIを活用した入金消込支援SaaSを販売開始 | マイナビニュース


NTTコムウェアは11月14日、入金消込業務を支援するSaaS型サービス「PayMa(Smart Payment Matching)」販売を開始した。
https://news.mynavi.jp/article/20191115-923901/
2019/11/15 10:37

Google検索結果に発音練習機能と画像表示 – ITmedia NEWS


モバイルのGoogle検索で例えば「quokkaの発音は?」などと検索すると、音声での発音を再生できるだけでなく、マイクに向かって発音して練習できる機能が、まずは米国の英語版で可能になった。単語の翻訳や定義の検索では画像が表示されるようになった。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/15/news051.html
2019/11/15 09:09

KCCSキャリアテック株式会社:Python試験が全IT系資格のランキングで3位になりました。これからAI、インフラエンジニアになるうえで、押さえたい技術になりました。 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)


KCCSキャリアテックは吉政忠志氏のコラム「Python試験が全IT系資格のランキングで3位になりました。これからAI、インフラエンジニアになるうえで、押さえたい技術になりました。」を公開しました。興味がある方はご覧ください。### 私は仲間とPython試験を立ち上げ、運営しているのですが、そのPython試験が日経…
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_7372847/
2019/11/15 08:05

ついに社会問題になりつつある「AI失業」の中身 “働き方改革”の名のもとで続々導入 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)


「AIの進化によって仕事が奪われる」と世界的に話題になったのは、英オックスフォード大学のカール・ベネディクト・フレイとマイケル・A・オズボーンの2人が2013年に出した論文がきっかけだった。10~20年以内に米…
https://president.jp/articles/-/30756
2019/11/15 09:00

ASCII.jp:“自律型インフラ”「Dell EMC PowerOne」とはどんな製品か (1/2)


Dell Technologiesが発表した“自律型”コンバージドインフラ製品「Dell EMC PowerOne」とはどんなものか。今週開催された「Dell Technologies Summit」で聞かれた同社幹部のコメントを引用しながら説明する。 (1/2)
https://ascii.jp/elem/000/001/975/1975950/
2019/11/15 07:00

ニューラルネットワークはこうして進化する:AIの世界的権威ジェフリー・ヒントンが語る|WIRED.jp


今年、チューリング賞を受賞したグーグルのジェフリー・ヒントンは、現在多くの人工知能(AI)の基礎になっているニューラルネットワークの研究で世界をリードしてきた。周囲の理解を得ることすら困難だった時代から、長い年月をかけてたゆまず研究を続けてきたこの第一人者が、『WIRED』US版編集長ニコラス・トンプソンとの対談を通して、ニューラルネットワークという革新的なテクノロジーの起源、現状、さらには今後の展望について縦横無尽に語った。
https://wired.jp/membership/2019/11/15/ai-pioneer-neural-networks/
2019/11/15 07:00

“フレディ・マーキュリーに似てる度”を判定するAI、Googleとクイーンが公開 – ITmedia NEWS


端末のカラオケに合わせてクイーンの曲を歌うと、フレディ・マーキュリーにどれだけ似ていたかを音程、旋律、音質で判定する「FreddieMeter」を、Googleがクイーンと協力して開発し、公開した。「SPICE(自己教師ピッチ推定)」という機械学習モデルを採用している。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/15/news049.html
2019/11/15 06:26

音声認識とは|最新技術や基礎知識・仕組み・現在の事例を解説 | Ledge.ai


コンピュータにより音声データをテキストデータに変換する技術「音声認識」。本稿では、「音声認識」の定義から仕組み、事例、技術動向について詳しく解説します。
https://ledge.ai/speech-recognition/
2019/11/15 06:30

AI活用で500億円のコスト効果を得た米デルタ航空、役に立った「あのデータ」 | 日経 xTECH(クロステック)


 米テラデータが重要な局面を迎えている。2019年1~9月期の決算は減収、赤字転落となり、CEOが決算発表同日付で退任した。業績の低迷からの復活への大きな鍵を握るのが、同社が持つ優良顧客への価値提供を通じて成功体験を積み重ね、新たなサブスクリプション型のビジネスへ展開、拡大していくことだ。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01060/110800003/
2019/11/15 05:00