JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/06/01

Contents

Workday、2021年度第1四半期の業績を発表 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)


第1四半期の総収入 10 億 2000万ドル(前年同期比 23.4%増)サブスクリプション収入 8 億 8200 万ドル(同 25.8%増)サブスクリプション収入バックログ 81 億 9000 万ドル(同 20.5%増) [2020年5月27日(現地時間)- 米国発] 企業向けクラウド型財務 <https://www….
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_12686934/
2020/06/01 18:18

5つの機能でその投稿・ハッシュタグをいますぐチェック! インスタグラムの注目獲得とフォロワー増加が無料で行えます。
インスタグラムの集客・マーケティングなら「インスタツール」におまかせ!今回は、インスタグラムの集客・マーケティングを効率よく無料で行えるツールを提供する「インスタツール」をご紹介します。 https://...

フィーチャ社、マザーズ上場承認 自動運転の画像認識でリーディングカンパニーに | 自動運転ラボ


画像認識アルゴリズムを開発するフィーチャ(本社:東京都豊島区/脇健一郎社長)は2020年5月31日までに、東京証券取引所マザーズへの新規上場が承認されたことを発表した。自動運転分野で真価を発揮する先端技術を武器に、今後の大きな飛躍に期待が高まるところだ。
https://jidounten-lab.com/u_ficha-autonomous
2020/06/01 15:42

SAS、新型コロナ研究への支援としてAIと機械学習による無料の視覚的テキスト分析環境を提供:EnterpriseZine(エンタープライズジン)


米SAS Instituteは、新型コロナウイルス感染症の抑制に向けた取り組みとして、無料の視覚的テキスト分析環境「COVID-19 Scientif…
https://enterprisezine.jp/news/detail/13024
2020/06/01 17:00

機械学習ニュースヘッドライン 2020/09/27Pythonで役立つAIをつくる方法 | 日経クロステック(xTECH)  AI(人工知能)開発のプログラミング言語として高い人気を...

クオンツで稼げ-中国勢にしかない知識でグローバルファンドと競合 – Bloomberg


世界の大手ヘッジファンドが中国に参入してきた4年前、杭州を拠点とする浙江九章資産管理は機械学習について間違ったタイプのサーバーを購入していた。現在は独自のスーパーコンピューターとエンジニアおよびデータサイエンティストの60人から成るチームを持ち自信にあふれている。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-01/QB877BDWX2PV01
2020/06/01 14:17

機械学習自動モデル構築「ナレコムAI」クラウドストレージに対応した機能拡充:時事ドットコム

[株式会社ナレッジコミュニケーション]クラウドAI/MLの導入並びに運用支援で顧客の課題解決を実施する株式会社ナレッジコミュニケーション(本社:千葉県市川市、代表取締役:奥沢 明)が提供する、AWS/Azureの機械学習モデルを利用した機械学習自動モデリングサービス「ナレコムAI」は、クラウドストレージ上に蓄積されているデータと連携し、自動的に機械学習のモデルを構築する機能の提供を開始いたしました。フルマネージド型で提供されるクラウドストレージ等の各種サービスにシームレスに連携することで、さらな…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000020.000004474&g=prt
2020/06/01 12:55

機械学習ニュースヘッドライン 2020/08/22パンデミックで生じたサプライチェーンの混乱にインテリジェンスを持ち込むCraftが10.6億円を調達 | TechCrunch Ja...

ミランティス、「Docker Enterprise 3.1」のGA発表–買収後初のメジャーリリース – ZDNet Japan


ミランティスが「Docker Enterprise 3.1」のリリースを発表した。「Docker Enterprise」プラットフォーム事業の買収後、初のメジャーリリースとなる。
https://japan.zdnet.com/article/35154604/
2020/06/01 12:13

機械学習ニュースヘッドライン 2020/08/22パンデミックで生じたサプライチェーンの混乱にインテリジェンスを持ち込むCraftが10.6億円を調達 | TechCrunch Ja...

ミランティス、「Docker Enterprise 3.1」のGA発表–買収後初のメジャーリリース – ZDNet Japan


ミランティスが「Docker Enterprise 3.1」のリリースを発表した。「Docker Enterprise」プラットフォーム事業の買収後、初のメジャーリリースとなる。
https://japan.zdnet.com/article/35154604/
2020/06/01 11:20

SAS、無償のAI駆動型環境で新型コロナウイルス感染症に関する研究を支援 | SAS Institute Japan株式会社

SAS、無償のAI駆動型環境で新型コロナウイルス感染症に関する研究を支援 新たな視覚的テキスト分析アプリケーションは研究者によるCOVID-19研究の迅速な特定と有望な新治療法および戦略をサポート
https://digitalpr.jp/r/39201
2020/06/01 11:00

クラウドベースの多層防御と、エンドポイントからクラウドまで、脅威対策を“点”から“線”にする新しいアーキテクチャとは:テレワーク時代のセキュリティを考える – @IT

テレワークの採用が広がる今、求められるクラウドベースのセキュリティ対策とは? 入口のメールから、事後対処としてのEDR、さらにエンドポイントだけではなく、全レイヤーをカバーして脅威の全体像を明らかにするXDRを紹介する。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2006/01/news013.html
2020/06/01 10:00

5つの機能でその投稿・ハッシュタグをいますぐチェック! インスタグラムの注目獲得とフォロワー増加が無料で行えます。
インスタグラムの集客・マーケティングなら「インスタツール」におまかせ!今回は、インスタグラムの集客・マーケティングを効率よく無料で行えるツールを提供する「インスタツール」をご紹介します。 https://...

フィーチャ社、マザーズ上場承認 自動運転の画像認識でリーディングカンパニーに | 自動運転ラボ


画像認識アルゴリズムを開発するフィーチャ(本社:東京都豊島区/脇健一郎社長)は2020年5月31日までに、東京証券取引所マザーズへの新規上場が承認されたことを発表した。自動運転分野で真価を発揮する先端技術を武器に、今後の大きな飛躍に期待が高まるところだ。
https://jidounten-lab.com/u_ficha-autonomous
2020/06/01 09:49

早期のコロナ対策で工場の稼働落とさず、Micron – EE Times Japan

Micron Technologyは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止について、同社の工場の取り組みをYouTubeで紹介している。
https://eetimes.jp/ee/articles/2006/01/news043.html
2020/06/01 09:30

アマゾン、ユーザーの洋服選びを支援する「Echo Look」の提供を終了へ – CNET Japan

アマゾンは「Echo Look」の製造を終了するようだ。
https://japan.cnet.com/article/35154598/
2020/06/01 09:03

町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット | fabcross

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、それまでできていたことが滞り、変革が否応なしに求められている。しかし、見方を変えればテクノロジーで課題を解決しようとしているスタートアップやMakerが必要とされている時期だとも言える。 そこでfabcrossでは、コロナウイルス以降の社会で活躍するスタートアップやMakerの取り組みをシリーズで紹介していく。1回目に取り上げるのは、コンシューマー製品の開発を経て製造業をAIで救うサービスを開発したロビットだ。現在、力を注いでいるAIソリューション「TESRAY(テスレイ)」誕生の背景や、新型コロナウイルス以降の環境変化についてロビットCEO兼CTOの新井雅海氏にオンラインで話を聞いた。
https://fabcross.jp/interview/20200601_robit.html
2020/06/01 07:30

米ドットデータ藤巻氏「データ人材、バブル弾けて再定義へ」:日経ビジネス電子版


近年、脚光を浴び続けているAI(人工知能)や機械学習の領域。新型コロナウイルスの流行はこうした分野の研究にも影響を及ぼすのだろうか。2018年にNECから事業分離して、シリコンバレーで創業した米ドットデータの藤巻遼平CEO(最高経営責任者)は「現金の有無が技術開発を推進できるかどうかを左右し、3~5年後に大きな差が出る」との見方を示す。開発の担い手となるデータサイエンティストについても人材市場に流出しているとみる。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00152/052700030/
2020/06/01 05:08