JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
機械学習

機械学習ニュースヘッドライン 2020/05/20

Contents

マイクロソフトがより公平な機械学習モデルを作るためのツールを発表 | TechCrunch Japan


Microsoftは、米国時間5月19日のデベロッパーカンファレンスBuildで機械学習に力を入れていた。そして同社は多くの新しいツールや機能を発表しただけでなく、AzureクラウドとMicrosoftのオープンソースツールキットの両方で、より信頼性が高く公平なAIシステムの構築に取り組んでいることも強調していた。
https://jp.techcrunch.com/2020/05/20/2020-05-19-microsoft-launches-new-tools-for-building-more-responsible-machine-learning-models/
2020/05/20 20:01

機械学習ニュースヘッドライン 2020/02/12ASCII.jp:暗号通貨/ブロックチェーンWEBメディア『CRYPTO TIMES』がリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提...

【MacPaw】Mac向けメンテナンスソフト「CleanMyMac X」App Storeで販売開始 – STRAIGHT PRESS[ストレートプレス]


~全世界で1,700万ダウンロードの人気アプリケーションがApp Storeに登場~ウクライナのキエフに本社を置くソフトウェア開発会社のMa…
https://straightpress.jp/company_news/detail?pr=000000001.000058632
2020/05/20 18:02

軌道上で設定変更可能で機械学習に最適化されたXilinxの宇宙規格チップ | TechCrunch Japan


宇宙に特化した半導体メーカーのXilinxが開発した、宇宙空間や人工衛星で利用可能な新型プロセッサーは、いくつもの点で世界一を誇っている。宇宙向けとしては初めての20nmプロセスを実現し、演算能力と省電力性を高めている。そして、ニューラルネットワークをベースにした推論アクセラレーションによる高度な機械学習に対応する..
https://jp.techcrunch.com/2020/05/20/2020-05-19-xilinx-launches-a-new-reconfigurable-space-grade-chip-optimized-for-local-machine-learning-on-orbit/
2020/05/20 18:01

セキュアール
URLの安全性を無料で診断。ウィルスや詐欺サイトチェックする無料サービス「Securl(セキュアール)」URLの安全性を無料で診断。ウィルスや詐欺サイトチェックする無料サービス「Securl(セキュアール)」をご紹介します。 URLの...

グーグルが石油企業向けのAI提供を停止、環境団体の批判で | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)


グーグルは5月19日、化石燃料の採掘を行う石油・天然ガス企業向けのカスタムAI(人工知能)ツールや、機械学習システムの提供を停止すると宣言した。これは環境保護団体の抗議を受けての措置だと見られている。グーグルはこれまで化石燃料の採掘を行う企
https://forbesjapan.com/articles/detail/34613
2020/05/20 16:30

アドビ、Creative Cloudビデオアプリの新リリースを開始。Premiere ProはProRes RAWをサポート – PRONEWS


プロフェッショナル向けデジタル映像制作ツール活用のための専門情報Webマガジン
https://www.pronews.jp/news/20200520150901.html
2020/05/20 15:10

機械学習ニュースヘッドライン 2020/03/26対話エンジンBEDORE ConversationをAIエージェントサービス「my daiz(マイデイズ)」に提供開始:時事ドットコム ...

マイクロソフト、Win32とUWPのAPIへのアクセス統合目指す「Project Reunion」発表 – ZDNet Japan


マイクロソフトは「Build 2020」でWin32アプリとUWPアプリの統合を目指すプロジェクト「Project Reunion」を発表した。
https://japan.zdnet.com/article/35154066/
2020/05/20 14:17

Infoblox、京王グループ約6,000台のPCを保護、DNSセキュリティソリューション「BloxOne(TM) Threat Defense」納入でWeb経由の脅威を可視化して検知・遮断:紀伊民報AGARA


2020年5月20日(水)東京発 - クラウドマネージド型セキュアネットワークサービスのリーダーであるInfoblox Inc.の日本法人、Infoblox 株式会社(本社:東京都港区、以下Infob…
https://www.agara.co.jp/article/61853
2020/05/20 14:47

Infoblox、京王グループ約6,000台のPCを保護、DNSセキュリティソリューション「BloxOne(TM) Threat Defense」納入でWeb経由の脅威を可 – CNET Japan


Infoblox、京王グループ約6,000台のPCを保護、DNSセキュリティソリューション「BloxOne(TM) Threat Defense」納入でWeb経由の脅威を可視化して検知・遮断
https://japan.cnet.com/release/30444117/
2020/05/20 14:00

AI vs ウソと差別的発言、コロナ禍のいまFacebookが抱える大問題とは


FacebookのAIツールは、コロナ禍のいまFacebookで吹き荒れている差別的発言や偽情報とユーザーの間に立つモデレーターの役割を一手に引き受けている。同社の研究者は、ミームを装った新型コロナウイルス感染症関連の偽情報や差別発言を特定することで、こうした発言に対する水際対策を講じるための機能をいくつか考え出し..
https://jp.techcrunch.com/2020/05/20/2020-05-12-facebook-upgrades-its-ai-to-better-tackle-covid-19-misinformation-and-hate-speech/
2020/05/20 13:32

SandBox、脳波を通じて感性評価を行うマーケティング支援サービス「ノウミーリサーチ」の提供を開始:時事ドットコム


[株式会社SandBox]株式会社SandBox(本社:東京都渋谷区、代表取締役:菊地秋人、以下「SandBox」)は、脳波データを活用することで、消費者の曖昧で複雑な感性をきめ細かく分析する脳波マーケティング支援サービス「ノウミーリサーチ」を2020年5月20日(水)より提供開始いたします。「ノウミーリサーチ」の特徴1. バイアスが含まれず「無意識」を計測する脳波による感性評価アンケートやインタビュー等のマーケティング方法で結果に含まれやすい、忖度や嘘等のバイアスが脳波データでは含まれません。…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000003.000039333&g=prt
2020/05/20 12:15

Windows 10、WSL 2でGUIアプリケーションとGPUベース機械学習に対応 | マイナビニュース


Microsoftは5月19日(米国時間)、向こう数カ月間の開発でWSL(Windows Subsystem for Linux)2にLinux GUIアプリケーションとGPUベース機械学習機能を追加すると発表した。Windows 10 Insider Previewで試用できるようになる見通し。
https://news.mynavi.jp/article/20200520-1039322/
2020/05/20 13:06

マイクロソフトが自律システム向け機械教示サービス「Project Bonsai」をプレビュー公開 | TechCrunch Japan


米国時間5月19日、Microsoftは同社主催のBuild 2020で、新しいMachine Teaching(機械教示)サービス、Project Bonsai(ボンサイ)を発表した。現在パブリックプレビュー版が公開されている。
https://jp.techcrunch.com/2020/05/20/2020-05-19-microsoft-launches-project-bonsai-its-new-machine-teaching-service-for-building-autonomous-systems/
2020/05/20 11:45

不正送金の自動検知を実現へ!「DeepProtect」活用の実証実験、金融機関5行と連携開始 | Techable(テッカブル)


国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、「NICT」)のサイバーセキュリティ研究所セキュリティ基盤研究室は、独自技術「DeepProtect」を用いて、国立大学法人神戸大学(以下、「神戸大学」)および株式会社エルテス(以…
https://techable.jp/archives/124999
2020/05/20 10:02

製造業の技術文書活用、図面認識などを効率化するAIを提供開始 – MONOist(モノイスト)


電通国際情報サービスは、技術文書活用、図面識別、AIモデル開発自動化の3分野でAIを活用した製品を開発し、2020年5月から提供開始する。
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2005/20/news026.html
2020/05/20 09:00

SEYMOUR INSTITUTE、スイスの学生コミュニティとパートナーシップ締結 | ICT教育ニュース


アカデミック・シンクタンク「SEYMOUR INSTITUTE」社(シーモア・インスティチュート)は19日、スイスの学生コミュニティ「Analytics Club」(スイス連邦工科 […]
https://ict-enews.net/2020/05/20seymour-institute/
2020/05/20 08:41

Microsoft、データ分析/AIで「Azure Synapse Link」や「リスポンシブルAI」を発表:Microsoft Build 2020 – @IT


Microsoftは2020年5月19日(米国時間)、「Microsoft Build 2020」で、データ分析や機械学習/AIに関する複数の発表を行った。これには分析のためのデータのバッチ移動作業を排除する「Azure Synapse Link」や、説明可能でバイアスのないAIを目指す「Responsible AI」、AIのためのスーパーコンピューターが含まれる。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2005/20/news046.html
2020/05/20 08:00

MIT Tech Review: 新型コロナで急増するデマ、フェイクニュース AI対応にも限界


フェイスブックは5月12日に公開した最新の「コミュニティ規定施行レポート」で、ヘイトスピーチやデマを検知する人工知能(AI)システムの最新のアップデートについて発表した。
https://www.technologyreview.jp/s/204669/ai-is-still-largely-baffled-by-covid-misinformation/
2020/05/20 06:58

HPE、コンテナ基盤「Container Platform」提供–サイロ化したデータを集約 – TechRepublic Japan


日本HPEは、コンテナプラットフォーム「HPE Container Platform」の国内提供を開始。データ処理特性に応じた柔軟な配備、セキュリティに配慮したデータ分析基盤の統合、強固なデータファブリックを特徴としている。
https://japan.techrepublic.com/article/35154007.htm
2020/05/20 06:45

AIが生産計画を立案!製造現場に来たDXの波|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社


こちらは、AIが生産計画を立案!製造現場に来たDXの波のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。
https://newswitch.jp/p/22305
2020/05/20 06:11

なぜRDBMS市場が急伸しているのか? ITR、平井氏語る (1/3):EnterpriseZine(エンタープライズジン)


 2020年4月、ITRが国内RDBMS市場の動向と今後の予測を発表した。2018年度のRDBMS製品の国内売上金額は1,200億円、前年度比16.2%増だった。2019年度も11.6%増と、堅調な市場の伸びを予測している。RDBMS製品をパッケージとSaaSに分けた場合には、SaaSの2018年度の売上金額は120億円で、パッケージ製品に比べればまだ市場規模は小さいものの急速な成長率となっている。2019年度以降もSaaSの市場は高成長を維持し、2023年度には730億円に達すると予想する。現状のRDBMS市場が成長している状況の背景、そして今後大きく拡大するSaaS市場の動向について、ITR リサーチ・フェローの平井明夫氏に話を訊いた。
https://enterprisezine.jp/article/detail/12963
2020/05/20 06:00

[活性化関数]PReLU/Parametric ReLU(Parametric Rectified Linear Unit)とは?:AI・機械学習の用語辞典 – @IT


用語「PReLU(Parametric ReLU)」について説明。「0」を基点として、入力値が0より下なら「入力値をα倍した値」(αはパラメーターであり学習により決まる)、0以上なら「入力値と同じ値」を返す、ニューラルネットワークの活性化関数を指す。ReLUやLeaky ReLUの拡張版。
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2005/20/news010.html
2020/05/20 05:00