JAQMAQ
セキュリティ・IT情報のニュースヘッドラインを集めています。
セキュリティー

セキュリティニュースヘッドライン 2019/11/07

これが基本中の基本! ハッカーからIoT機器を守る8つのルール | テクノロジー | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/technology/2019/11/iot8.php
2019/11/07 16:50

毎日更新 セキュリティニュースヘッドライン 2019/07/30ASCII.jp:スパイグループ「Turla」のPowerShell使用方法を分析 悪質な活動を続けているスパイ集団「Turla(ト...

コンピュータウイルスの基本と3つの感染予防策 | トレンドマイクロ is702


ウイルスはネットにつながる機器を取り巻く代表的な脅威の1つです。万一入り込むとさまざまな悪さを働きます。ウイルスの基本を知り、感染を防ぐための対策を押さえましょう。
https://is702.jp/special/3583/partner/101_g/
2019/11/07 11:00

法人向けクラウドストレージサービス「DirectCloud-BOX」が、高度なセキュリティと高い信頼性をもつSSOプラットフォーム「CloudGate UNO」との認証連携に対応 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)


法人向けクラウドストレージ「DirectCloud-BOX(URL: https://directcloud.jp )」を展開する株式会社ダイレクトクラウド(代表取締役:安 貞善)は、「DirectCloud-BOX」において、2019年11月1日より、インターナショナルシステムリサーチ社が展開するシングルサインオンソ…
https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_7126871/
2019/11/07 08:13

セキュリティニュースヘッドライン 2020/03/19IBM、「Red Hat Ansible Certified Content for IBM Z」提供開始 - ZDNet Japan ...

2020年までに20万人が不足する 日本だけ極端にセキュリティ人材が足りない3つの理由 – ログミーBiz


最新のサイバーセキュリティ脅威動向と対策が学べる「Security Days Fall 2019」が2019年10月4日に大阪で、10月9日~11日に東京で開催されました。この記事では、大阪で行われた「深刻化する”セキュリティ人材不足”に立ち向かう! サイバー攻撃への不安を解消する運用のヒント」の内容をお届け。キヤノンマーケティングジャパン株式会社の石川文也氏が登壇し、日本のセキュリティ人材不足の要因を3つのポイントから解説しました。
https://logmi.jp/business/articles/322023
2019/11/07 08:30

6カ国の政府機関を狙った中国ハッカーグループの手口が露わに! | Techable(テッカブル)


コンピュータプログラムの脆弱性を利用した攻撃が深刻化している。普段はこうしたサイバー攻撃は水面下で行われているが、セキュリティ企業のPositive Technologiesが、大規模攻撃を可視化し、その手口から侵入経路…
https://techable.jp/archives/111429
2019/11/06 19:01

5つの機能でその投稿・ハッシュタグをいますぐチェック! インスタグラムの注目獲得とフォロワー増加が無料で行えます。
インスタグラムの集客・マーケティングなら「インスタツール」におまかせ!今回は、インスタグラムの集客・マーケティングを効率よく無料で行えるツールを提供する「インスタツール」をご紹介します。 https://...

予兆保全・デジタルツインなどIoTアプリケーション/AI活用、セキュリティ対策に注目:日経 xTECH Active


 2019年のIIFESで展示の核となりそうな要素の1つは、IoTの環境を構築するためのプラットフォームだろう。IoTの世界では多種多様なデバイスが、ネットワークを介してコンピュータと接続される。特に製造業では機器や装置の種類が数え切れないほど多いことに加え、製造業の中でもフィールドの機器やそれらを制御するコントローラ、さらには経営層の意思決定支援システムなど、レイヤが複数分かれている。それらを情報分析のためにすべてつなごうとすると、その組み合わせは膨大なため、インテグレーションは複雑なものになりかねない。そこで共通のプラットフォームを用意し、そこにつなぐことさえできれば、相互接続性などを気にすることなく情報をやり取りできるようにしようとしている。
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/sp/b/19/10/18/00046/
2019/11/07 00:06